To Top Page トップページへ> To Diary Top 日記トップへ> To Dali Top ダリ日記トップへ
はじめての
テリアブル・
ライフ
1月
そしてジャック・ラッセルにたどりついたのだの巻
2月
ひとりで飛行機に乗ってきたのだの巻
3月
超高速パピー、
ダリ号発進!の巻
4月
危険なまでにフレンドリーの巻
5月
あっぱれ!脱出王の巻
6月
日々是学習!?ダリの幼稚園ライフの巻
7月
ブリブリ・テリアになっちゃった!の巻
8月
目を離したがウンのツキの巻
9月
フーリガン・プチあらわる!の巻
10月
この世は巨大なスタジアムの巻
11月
オトナになんかなるもんか!の巻
12月
あなたも冒険してみます?の巻

ブリブリ・テリアになっちゃった!の巻

〜2002年7月〜
わが家のプチ怪獣、
ジャック・ラッセル・テリアのダリもそろそろ生後6カ月。
しつけ教室デビューを果たし、
少しずつつき合いやすくなってきたのだが、
ここにきて新たな問題発生! 
なんとダリは肥満児だったのだ…
キャリーバッグ収監の「キモ」!

 しつけ教室デビューからはや3カ月。ダリ以上に私たちの方が学んだことは多かった。
 数ある収穫のなかでも、私たちにとってとりわけ含蓄の深い金言が、「興奮したらなにも始まらない」。つまり、ダリが興奮しているときは何をいってもしてもムダ。落ち着くまで放っておくべし、という指南だ。
 興奮。この2文字がダリ育てのキーワードだったのである。キャリーバッグへの収監もしかり。人間の外出支度を見て、ダリも興奮モードに入る。そこを、バッグに押し込もうとするから、キ〜ッギャルルルッガブッ! ちっちゃな頭がブクブクブシューッと、瞬間湯沸かし機状態になっていたのだ。
 ところが、「興奮したら何も始まらない」主義に基づき、先生の指南に従ってみると…なるほど、たちどころとはいかないが、数週間で問題は解決したではないか! そのコツは、@普段からキャリーバッグをそばに置き、その存在に馴らす。A普段からときおりバッグの中でおやつを食べさせ、うれしい印象を持たせる。B自分から入るようになってきたら、今度はバッグの前でオスワリをさせ、バッグに入れることに「ありがた味」を感じさせる。つまり、いかにバッグの付加価値を高めるかが勝負、というわけである。
 この、広告代理店顔負けのイメージアップ作戦がみごとに効いて、阿鼻叫喚も流血もピタリと止まり、ダリの移動はウソのように簡単になったのだ。
 

スクスク、そしてブリブリと!?

 親バカ覚悟でいうと、問題行動の解決だけでなく、たいていのしつけにおいて、ダリは意外と反応が良い。いや、なにも天才だとかIQが高いとか、大それたことをいうつもりは毛頭ない。何がいいたいかというと、ダリが「ごほうび=おやつ大好き」、つまりとびきりの食いしん坊だということなのだ。 
 そして、ダリの肥満が発覚したのは、生後6カ月。しつけ教室で毎回行われる体重測定でのことだった。去勢手術のため、2週間ほど休んでいた後の測定で、「ダリくん、肥満ですねぇ」と先生の宣告。教室にも慣れ、心身ともにスクスク育っていると、少しだけ自信を持ち始めた矢先の私たち、とりわけ母には、寝耳に水の知らせだった。
 というのも、元来マジメな気質の母は、ダリを迎えたときにもらったブリーダー氏からの注意書き、「フードは徐々に増やし、生後6カ月で1日200gに」という一文を、金科玉条で守ってきたのだ。しかもこの頃、ダリは食事を残して遊びだすことがあったため、母は残ったフードを手にのせて差し出し、「さぁ、もう少しよ」と激励しながら、なんとか完食させようと奮闘していたのだ。妹が、横から「もういらないんだよね〜」などと茶々を入れようものなら、「シ〜ッ、ダリが集中できないじゃないの!」と、文句をいわれるほどだったのだ。
 しかし、考えてみればヘンだ。なぜならダリは、一歩路上に踏み出せば、枯れ葉から紙屑から、なんでもかんでも吸い込んでしまう、掃除機のような子なのだ。ある日、散歩の後に突然吐いたと思ったら、サザンカの花が丸ごと一輪出てきた…なんてこともある。
 母が抱いて庭に連れ出したときも、「ほら、ダリちゃん、これがバラよ〜」と、臭いを嗅げるよう顔を近付けてやると、パクッ! 「これがバジルよ〜」で、パクパクッ! 地面に下ろせば、飢えた羊か芝刈り機のごとく、足元の草を片っ端から平らげる。そんな子犬なのだ。食事を残すなんて…?
 しかし、「食べさせ過ぎでは?」という先生や私の指摘に、「でも、ちゃんと書いてある通りにしているもの!」というのが母の言い分だった。だったのだが…。「ほら、ここに書いてあるでしょ?」と、母が掲げたその注意書きをよ〜く見ると、ややっ! 200gのgがccに訂正してあるではないか。gとcc。たった一文字だが、ドライフードだとかなりの違い。なんとダリは、定量より軽く3割は余分なフードを食べ続けていたことになるのだ!
 母のショックは日記にも表れている。「ここにきて大きな失敗に気がついた。私はダリをたいへんな肥満児にしてしまったのだ! ママ犬も兄弟犬もみんな体重4.5Lくらいだそうだ。ダリは5.9Lもある! たしかに何だかお腹のあたりがブリブリしている。ショックだ!」。
 気づくのが遅すぎるといえば遅すぎるのだが…。その後、都内某所に犬広場を見つけ、何度か出向いて運動量を増やしたこともあり、ダリのブリブリ腹は順調に締まってきた。
 こんなマヌケな家族でも、肥満児にされても、病気のビの字も知らないジャック・ラッセルは、結局、やっぱり、わが家にピッタリの犬種なのかもしれないと、妙に納得し始めた私たちだった。