To Top Page トップページへ> To Diary Top 日記トップへ> To Dali Top ダリ日記トップへ
はじめての
テリアブル・
ライフ
1月
そしてジャック・ラッセルにたどりついたのだの巻
2月
ひとりで飛行機に乗ってきたのだの巻
3月
超高速パピー、
ダリ号発進!の巻
4月
危険なまでにフレンドリーの巻
5月
あっぱれ!脱出王の巻
6月
日々是学習!?ダリの幼稚園ライフの巻
7月
ブリブリ・テリアになっちゃった!の巻
8月
目を離したがウンのツキの巻
9月
フーリガン・プチあらわる!の巻
10月
この世は巨大なスタジアムの巻
11月
オトナになんかなるもんか!の巻
12月
あなたも冒険してみます?の巻

 
写真・上
「犬入れ」らしくなく、かつ脱走しにくいものを入念に選んだこのバッグだが、あえなく脱出されてしまった。すぐにジッパーが動かないようヒモで固定したのだが、油断するとこのようにニュ〜と首が…。
写真・2段目
2足歩行の練習!? 犬としての歩き方もまだよくわかっていない生後3〜4カ月。
写真・3段目
隣街のおしゃれな犬グッズ&カフェのお店へおでかけ。放っておくと「あっ、そっ」とドライにあきらめるのはダリの長所だ。しかし、この後、お店の出口でカバンに入れようとするとお約束の大騒ぎに…。
写真・下
顔の毛がずいぶん伸びてきて、ラフコートらしくなってきたぞ!

あっぱれ!脱出王の巻

〜2002年5月〜
ジャック・ラッセル・テリアのダリが、わが家にもたらしたのは
スリリングでデンジャラスな毎日!
生後3カ月半のイタズラ盛りを迎え、
いよいよしつけ教室に入学することになったのだが、その間にも
フン食疑惑やキャリーバッグ脱走劇など新たな事件が…。
フン食疑惑発覚!

 トイレトレーニングには光明が見えてきた。ビニールシート作戦の失敗(3月号参照)を見て、即座にサークルで囲ったトイレエリアを設置したのだ。ハウスから出すとまずサークルに入れ、ペットシーツの上に大なり小なりが出たらお約束の大喝采! 先代犬にも効果絶大だったこの方法は、まずまずの成功を見ていた。見ていたのだが…。
 大のとき、ダリはクルリと振りむくが速いか、出したてホヤホヤのソレをパクリと…。つまり「フン食未遂」疑惑が新たに発覚したのである。
 となると、ウンコがダリのおシリからペットシーツにに着地するやいなや、すかさずトイレットペーパーでくるんで取り去らねばならない。我々は、あたかもトキの産卵を待つ鳥類学者のごとく、ダリのウンコタイムを息を詰めて見守るハメになってしまったのだ。
 とはいえよく見ると、ダリの目的は「食べる」より、くわえて放り投げるのが主眼らしいことが判明。いちおうフン食疑惑は晴れ、さらにしつけ教室の先生から伝授された「片手におやつ、片手にペーパー」方式に基づき、気をそらせながらウンコを片付けることで、この「大」問題にもめでたく出口が見えてきた。


プリンス・テンコー参上

 が、一方、キャリーバッグに入れる際、毎度繰り広げられる「猛獣狩りプレイ」は相変わらず。なんといってもジャック・ラッセルという犬種を選んだ理由のひとつは「小さい」こと。すなわち、カバンに入れて電車にも乗れるし、建て前「ペット禁止」となっている私のオフィス兼住居にもこっそり連れ込める。とくに両親とも留守をする日などは、パピーシッターとして私が預かることになっていたため、キャリーバッグでの移動はダリの必須課題だったのだ。
 そんなパピーシッター担当日のある日のことである。父と私は、ともに銀行で用があり、別件でも打ち合わせが必要な所用があったため、近所の銀行のロビーを、ダリの引き渡しと打ち合わせの場に選んだ。
 銀行のロビー特有の低いざわめきの中、書類を膝に静かに話し合う私たち父娘の姿は、ごく正常な眺めのはずだった。そして、その足元に置かれた、小ぶりのボストンバッグの中に、両親ふたりがかりで押し込んだ猛獣が入っているなんて、誰にも気づかれないまま、ブツ(ダリ)の受け渡しは済まされるはずだった。
 が、短い打合せが終わりに近づいたそのとき、私は、ふと、ロビーのざわめきの中に「どなたのワンちゃんですか〜?」というフロアレディの声を聞いた気がした。「ああ、ほかにも犬を連れてきた人がいるんだな」と、頭の隅で微笑みつつ、父との話に戻る。すると、時をおかずして、またもや「どなたのワンちゃんですかぁぁぁ〜!?」。今度はだいぶボリュームアップして、周囲のざわめきも大きくなっている。「犬を忘れて帰った人でもいるのかな?」と振り返ると、あ〜ら可愛い! 白地に茶ブチのちっちゃな子犬が、まるでお花畑を飛び跳ねているように喜々として、行員やお客さんたちと鬼ごっこをしているではないか。
「ねぇパパ、あのコ、ダリに似てるねぇ」と父に微笑みかけたその時、私はハタと、というかようやく気づいたのである。「なんてこった! ありゃぁダリだっ!」。足元のバッグを見ると、やっぱりというか、もちろんというか、もぬけのカラであったことはいうまでもない。
 いっておくが、そのバッグは見た目だけで選んだのではない。ジッパーでしっかり口を閉じた上に、かぶせ式のフタが付いていて、これも金具で固定される仕様になっていたのだ。にも関わらず、いつの間にかジッパーのわずかなすき間を鼻ヅラで押し広げ、フタの脇をすり抜け、大脱走を果たしたのである、このコは! 
 周囲への恥ずかしさと申し訳なさに身を縮めつつダリを追いかけながらも、「なんと完璧な脱出劇! キミはプリンス・テンコーか!?」と、私は、ちょっぴり感歎の念を抱いたことを、ここに白状しておこう。


それでもジャック!

 ところで、これまで私が書き連ねてきたダリの所業を読んでくださっている方の中には、「いったいジャック・ラッセルには長所というものが無いのか?」と感じる向きも多いかもしれない。
 しかし、それはアナタ、違います。
 テリアビギナーの私たちは、まだ「この悪行こそがテリア族の魅力!」といってのける域には達していないものの、このちっこい爆弾が日々巻き起こす騒動を楽しむ気分もないわけじゃあない。いや、負け惜しみではなく…。
 それに、母の日記には長所だってちゃんと記してある。
「ダリのいいところを探してみよう」。まぁ、わざわざ「探す」ところが怪しいのだが。
「まず、どんな人とも犬ともフレンドリーにつき合うことができる」。これは一応自慢できることだ。
「次にいつでも機嫌が良い。明るい」。眠いときのグズりようや、思い通りにコトが運ばないときは別にして…だが。
「お遊び大好き犬だけど、私が机に向かっているとさっさと寝てしまう。割り切りが早い」。ダリの辞書に「意気消沈」の四文字はない。ダメならダメで「あっ、そっ」というわけである。
 そして、さらに母は粘る。
「まだまだ良いところはいっぱいあるのだけど、私が気づかないだけだ」。
 そう、まだ誰も気づいていないだけなんだよね。いっぱい…けっこう…もう少しは…あるはずの長所を。