To Top Page トップページへ>To Diary Top 日記トップへ> To Dali Top ダリ日記トップへ
ダリの
小さな冒険
1月
しつけ実践編1
トイレ/ハウス/アイコンタクト
2月
しつけ実践編2
オスワリ/抱っこ
3月
しつけ実践編3
ダリのクリスマス
4月
初めての沖縄探検・その1
5月
初めての沖縄探検・その2
6月
初めての沖縄探検・その3
7月
初めての沖縄探検・その4
8月
ダリの運動会・その1
9月
ダリの運動会・その2
10月
ダリの運動会・その3
11月
ダリ2歳のプロフィール
12月
ダリ3回目の秋に

しつけ実践編1 トイレ/ハウス/アイコンタクト

〜2003年1月〜
とうとう2年目に突入したダリとわが家族の生活。
しかし、ダリが一匹前の家庭犬として人間社会で生きてゆくには
まだまだ残された課題もいろいろ。
これまでのしつけ体験をふりかえりつつ
ジャック・ラッセルならではの生活情報をお伝えしよう!
トイレ、トイレ、トイレ!

 子育ての苦労は忘れるものだというが、子犬育てもまたしかり。愛犬が立派に成長して、散歩中にその落とし物を拾うときくらいしかトイレを意識しなくなると、子犬時代、粗相に悩まされた記憶など、すっかり時の彼方にかすんでしまう。
 が、どんな子犬を迎えるにしても、そのちっちゃな肉球がお宅の床に触れた瞬間から、まずアナタを襲うのはトイレ問題なのである。実際、ダリも例外ではなかった。もちろん、私たち家族もダリを迎えるにあたっては、トイレの設置場所を定めた上、先代犬シェルティのトイレトレーニングを記憶の底から引きずり出し、「粗相しても叱らない」「正しくできたらすかさずほめる」という原則を家族で確認しあっていた。
 また、トイレトレーニングの基本として、「子犬が床をフンフン嗅ぎ出したら、すぐにトイレへ連れて行ってあげましょう」というアドバイスを読んだり聞いたことのある人も多いだろう。確かにこれは正論だし、私もヨチヨチ、トコトコ歩き回る子犬が、フンフンやりだす姿をイメージトレーニングしていた。
 しかし、ジャックおよびその他テリア族を迎えるみなさん、残念ながら彼らはヨチヨチ歩き回ったりしないのです。ビュンビュンと家中を駆け巡るその速度は、タイミングをとらえる以前に、そもそも人間の目に見えないのだから! 他の犬種でも速度の差はあれ、粗相の素早さは似たようなもの。雑巾片手に子犬のお尻に付いて回りたくないなら、次のような設備を必ず子犬を迎える「前に」整えておいて損はないはずだ。
【方法】
 ワイアーや木製のサークルで仕切った中にトイレシーツを敷きつめ(最初は6枚くらい)、トイレ兼遊び場を設ける。初めの数週間はここが子犬の主な生活の場になるのだ。
 子犬が到着したとき、その後もハウスから出したときは、まずこのサークルへ。出るモノが出たらその場でほめ、トイレシーツの感触とその上で用を足すと「ウケる」ことを覚えさせるのである。
 次第にシーツの枚数を減らし、子犬が自らシーツの上へ行ってするようになったら大成功。上達したら、サークルの外で遊んでいるときも自分でトイレへ行けるよう、サークルに出入り口を設けよう。
【注意】
 ダリの場合、迎えて数日後に、遅ればせながらサークルを設置。家族全員、粗相の痕跡探しから解放され、母もようやく家事ができるようなった。ただし、サークルのすき間から電気コードを引きずり込もうとしたり、なんとか脱走しようとサークルの継ぎ目に頭を挟まれて泣きわめいたり…と、ジャックの子犬はそれでもいたずらをあきらめないので要注意。

ハウスは屋根付き一戸建て

 もうひとつ、ジャック・セッラルを迎える場合、絶対必要な設備がある。それは、ハウス。最近では、雑誌やカタログでおしゃれな犬用ベッドが紹介されている。心地よさげにモデル犬がくつろいでいる写真を見ると、「いつかうちの子にも…」なんて思うのが人情だ。が、しかし、ジャックの場合、それは野望というか無謀というか…。まぁ、いつの日か、あなたのジャックが、そんなステキなベッドにちんまり納まって就寝する日が絶対来ないとは言わないが、なにはともあれ、丈夫なワイアー性のハウスを用意していただきたい。それも必ず屋根付きを。
 一般に犬の行動範囲は、上下動のできるネコと違って2次元といわれる。ただし、ジャックは例外。彼らは2.5次元で動くのだ。ソファの背もたれはおろか、木登りをする忍者犬も少なくないという。
 だから、ある程度成長したらサークルなんぞひとっ跳び。たとえその中に、おしゃれで快適なベッドを用意したところで、十中八九、塀の外での冒険を求めて脱走するのが落ちである。子犬の安全のためにも、家族の安眠のためにも、ぜひジャックくんには、屋根付き一戸建ての鉄筋ハウスに入居していただこう。

こっちむいてヨシ!
基本のアイコンタクト

 さて、無事子犬がハウスに納まったら、さっそくしつけが始まる。といっても、いきなりオスワリさせようというのではない。まずは自分の名前を覚えてもらうこと。そして、その名前を好きになってもらうことが先決だ。
 幸せな人犬関係を築くには、コミュニケーションが大切なのは自明の理だが、そもそも、子犬は人間が発する音に意味があることすら知らない。少なくともダリは、当初、私たちのことを巨大なおもちゃぐらいにしか認識していなかったと思う。どんなに呼びかけても叫んでも、聞いちゃあいないのだから、オスワリもフセもあったもんじゃない。先代犬シェルティは、さすが人間の指示で働いてきた牧羊犬だけに、幼犬の頃から、けなげに小首をかしげて人の言葉に耳を傾けたものだったが、ジャックだとそうはいかない。そこで、「呼んだらこっちを向くようにする」アイコンタクトの練習が必須なのだ。
【方法】
 まず、ごほうび(犬用オヤツ)を手の中に握り、その手をゆっくり動かしてみる。子犬が手に付いてきたら「オリコウ!」とほめ、手を開いてオヤツを食べさせる。子犬が手に付いてきている最中に、ほめておやつを与えるのがポイント。
 次に、名前を呼びながら、オヤツを握った手をアゴの下(人間のアゴです。念のため)に持ってゆき、子犬がこちらを見上げたら、すかさずほめてオヤツ。このとき、ほめ言葉もオヤツも遅れないことが肝心。子犬が見上げそうになったら、すぐほめること。
 最後にオヤツを持ち替えて、握った手(オヤツなしの方)についてきたら、ほめて別の手からごほうび。名前を呼んで手をアゴの下に持ってゆき、見上げたら同様に。オヤツだけでなく、食事も最初の数口分をこの方法で与えてみる。
 何かと興奮しやすく気も散りやすいジャックには、一見難しそうな課目だが、じつはそうでもない。なにしろ彼らは、幸か不幸か無類の食いしん坊なので、オヤツへの反応は抜群なのである。
【注意】
「子犬育てはできるだけ叱らずに…」というのが最近では常識である。とくに名前を呼んで叱るのはいけない。いけないのだが…、「あっコラッ」と思う瞬間がどんな犬より多いのがジャックなのである。解っていても、「コラッダリッ」と口をついて出てしまう。
 そんな私たちが「みだりにダリダリ言わないために」、しつけ教室の先生が提案してくれた窮余の策は、しつけ時とつい叱ってしまう場合で呼び名を変えること。「ダリくん」で振り向かせ、「ダリッ」で叱るというわけだ。ただ、このルールも家族全員に徹底させるのは難しく、ついつい乱れがちなのだが、最近のダリは、声の「調子」で判断しているようだ。つまり、どの呼び名だろうと、イタズラに夢中になっているときは「知〜らないっと」。折を見て復習せねばと思う今日この頃である。
 とにもかくにもアイコンタクトがつかめてきたら、次回はいよいよオスワリ。食いしん坊のジャックなら、ものの5分で覚えられる(たぶん)、超簡単レッスン法をご紹介しよう!