Wed.31.05.06 復活!

あいや〜! 5月も終わってしまいますがな!
長らくご無沙汰しておりました。
もしもまだ見捨てずに、ここを見てくださる方がいらっしゃるなら…そう、アナタですよ、アナタ…お久しぶりでございます。
わたくし、元気でございます。病気をしていたわけでも、長期ロケに出ていたわけでも、Macがゴキゲンを損ねていたわけでもございません。
いつものように、長い準備体操(逃避とも言う)の後、〆切りマラソンをしておりました。

で、なんでしたっけ?
そうそう、最後に書きかけていたのは、ダリを連れて井の頭公園へ、長距離散歩に出た話でしたね。タイ料理のランチまで書いたんでした。
その後は、え〜と、え〜と、ん〜…あ、とにかく歩いて西荻北口まで出て、ニューベリーカフェでひと休みしようとしたんですが、2つのテラス席は満席。しかたなく、駅前のドトール(お店の前にテーブルが出ていて、犬連れで座れることを最近発見した)に寄った後、いつもの散歩コースを通って帰宅。午後5時をまわっておりました。
4時間あまりの行程には、それなりに発見もあって、半月前の私は、いろいろと書こうと思っていたらしいんですが、忘れました。

たぶん私だけじゃないと思うんですが、〆切りという山を越えると、その前の記憶がスッ飛んでしまうんですよね。
徹夜なんかすると、前日食べたものすら思い出せなくなったり(ヤバイですか?)。
残っているのは写真だけ。ま、後でキャプションを書きながら思い出すこととしましょう。


半月前からいきなり今日の話ですが、祖父、山喜多二郎太展の最終日に行ってきました。
先週も一度行ったので、二度目です。今回は、伯父が所蔵していた水墨画ばかりだったので、私にも目新しいものが多く、楽しめましたよ。
今日はTさんも来てくれて、画廊の近くのうどん屋さんで父も交えランチ(ゴチです、パパ)。
先週も、祖父の親友だった方の(有名な絵描きさん)ひ孫さんであり…じつはシュナウツァーのジャックくんの飼い主さんでもあるSABOURIさんと彼のお祖母様が来てくださったので、同じうどん屋さんでランチ(カウンター11111番の記念粗品もお渡ししました)したんです。
ココ→美々卯
有名なお店らしいんですが、美味しくて、落ち着けて、イイですね。

あ? なんだか半月前から引き続き、またもやランチの話になってますが、今日はこのへんで。


ともあれ、15日のロングウォークの様子を一気に最後まで↓

5月15日
井の頭公園を横断して、池から流れ出す小川(神田川)沿いに西荻方面へ。以前はこの飛び石が恐くて渡れずに、子供にも同情されたダリだけど、いつの間にか私をしり目にピョンピョン。ガキンチョともタイマン張ってみたりする。

5月15日
川にボチャボチャ入って遊ぶ子供たちがうらやましい? このフレキシリードがもっと長かったら、ダリも突入してたかもね。いずれにしても、この日は帰ってからシャンプーする気力もなかったので、断念していただきましたが…。

5月15日
なんでそうグチャグチャの場所を選り好んで歩くかな?

5月15日
たぶんこの時点で4キロ近く歩いたと思う。暑かったのもあって、ダリもちょっとバテた様子。西荻北口、住宅街の雑貨屋さん前でエンコあそばした。

5月15日
ま、まさかここでお昼寝っすか…!?

5月15日
この後、なんとか説得して帰途に。

5月15日
さすがに疲れたか、帰るなりドテッと…。

5月15日
もうドロドロっす。お疲れ〜。

5月15日
ただし、シュナ&バニでいただいたオモチャはぬかりなく秒殺なさいました。
Mon.15.05.06 ロングウォーク

まさか午後中、吉祥寺〜西荻界隈を歩き回るつもりではなかったんですよ、当初は。
少なくとも、午後12時40分頃、自宅近所のバス停でダリを袋詰めにし(キャリーバッグに入れ)、吉祥寺行きのバスに乗り込んだ時には。

吉祥寺駅北口でバスを降り、興奮して引っ張りまくるダリを必死でコントロールしつつ(「引っ張ったら止まる」をくり返して)まず向かったのは、南口、公園通りのシュナ&バニ
ここで、先日みごと当サイトのカウンター11111番を踏んでくれた黒シュナのジャックくん(の飼い主さん)に差し上げる粗品を入手する…というのが、本日の外出の目的だったんです。で、まぁ、お天気も良いし、このところの雨続きでダリも運動不足だし…ってことで、ダリの散歩を兼ねて、ということに。

シュナ&バニでは、ちょうどオーナーのAさんがお店に出ていて、ダリにおやつをごちそうになったり、ショッピングのオマケとしておもちゃまでいただいちゃったりで、またまたたっぷりお世話になっちゃいました。つか、私がジャックくん向けの記念品を選んでいる間に、他のお客さんが1組やってきて、店の向こう側のおもちゃコーナーで、チュートイを「ピーッ!」と鳴らしてくれちゃったもんだから、さぁ大変! 「オモチャオモチャオモチャ!!おくれおくれおくれよぅぅぅぅーーーーッ!!」とダダをこねるダリは、まるで2本足のガキんちょと同じですわ。で、親バカな私は、またぞろ予定外の買い物を…_| ̄|○。

とにもかくにも、なんとかかんとか、無事にショッピングを終えるとすっかりお昼時をまわっていたので、井の頭公園を横切って公園内のペパカフェフォレストへ直行。井の頭のうっそうとした木立の中にあるこのカフェは、店内どの席も犬連れOK、そしてタイ料理が食べられるという、ありがた〜いお店です。そのありがたさゆえか、昼時はいつも満員なんですが、ダリと私がたどりついたのは2時過ぎだったので、幸運にも窓際(って窓はないんですが)の席に落ち着くことができました。
ここで、私はひさびさのタイ料理♪ 好物のクィティオナーム(汁そば)は、タイそば好きのワタクシ的には微妙だったんですが、なんだかんだで完食。その間、ダリが私の足元でおとなしく寝そべっていてくれたのには、歳月を感じましたね(単にシュナ&バニや公園で興奮しすぎて疲れていただけというウワサも)。

…と、まだまだこの後の道のりも、撮ったヘボ写真もたっぷりあるんですが、今日はさすがに疲れたので、続きはまた明日。


5月15日
井の頭公園のメイン池を渡る橋は、今日もけっこうな人出でした。後ろの池には巨大な鯉がウヨウヨ。落ちたらダリなんか食われちゃうよ。

5月15日
私の爆食中、ダリはテーブルの足元でちんまり。ここの店員さんは、いつも犬用の水を出してくれたり、ドッグフレンドリー。ダリもかわいがってもらったよ。

5月15日
公園内ではロングリードにしてみたら、さっそく人間ハンティング…。とりあえず「Hey! そこのカップルくん、オイラと遊ぼうぜぃ!」とか言ってみる。
Fri.12.05.06 It Must Be All Right!

昨日は英語教室で通常のレッスンだったんですが、何のはずみか担任のM先生とも、またぞろ政治チックな話になってしまいましたよ。
「日本は最近右傾化してるですよ」という私に、「英国もドイツもフランスもだよ」とM先生。
で、「20年後の日本はどうなってると思う? ボクみたいな外国人は住んでいられるかな?」みたいなことを聞かれて、絶句。
っつか、お恥ずかしいことに、考えたこともなかったですよ、20年先のことだなんて。
「う〜…」と答えに窮する私に、
「It should be all right(ダイジョブなはず)と言っておこうね」と先生。
だから「It must be all right(きっとダイジョブに違いない)と思いたいっス」と言ってみたんですが…。
ホントにダイジョブであってほしい。いや、Die Jobじゃなくて。
そもそも先生だけじゃなく、私だってAll Rightかどうか怪しいわけで。
ま、ともかくみんなでなんとか生き延びようじゃありませんか!(「どうやって?」とは聞かないコト)。


ところで、本日はお知らせがひとつ。
来週の月曜日から5月末まで、わが祖父、山喜多二郎太の作品展が、銀座の画廊にて開かれます。
伯父が所蔵しているものがメインだそうで、一昨年の愛知県一の宮美術館や、2003年の吉祥寺美術館での二郎太展ほど大規模ではないと思いますが、伯父が手元に残している良品がいろいろ出てくると思います。
お近くにお寄りの折は、ぜひお立ち寄りくださいませ! 詳しくは、こちら(地図もあります)
東邦画廊【山喜多二郎太展】
2006年5月15日(月)〜5月31日(水)
11〜19時(日曜・祝日休み)
東邦画廊
〒104-0031 東京都中央区京橋3−9−2宝国ビル2F
Tel 03-3562-6054 Fax 03-3562-5974
●二郎太の略歴などは、こちらを御参照ください。
Mon.08.05.06 警察、ゴルァ!

今日は、先月休んだ分の振り替えレッスンのため、英語教室に行ってきました。
今日の担当は、このSスクール荻窪校でも人気No.1というN先生。
私も1度習ったことがあるんですが、確かに、すばらしく感じのいい先生です。自然体で、明るくて、じつにジェントル&フレンドリー。そして何より「犬がだーい好き♪」とくれば、楽しい授業にならないわけがないですね。ってか、30分ほとんどぶっ通しで犬ばなしに興じることを授業といえれば…の話ですが。
もちろん、そんなおしゃべりこそが私には良い練習になるんですが、一方のN先生も犬ばなしがよほど楽しかったらしく、「ボクは毎週月曜日にはココにいるから、またレッスンとって(犬の話をしよう)ね♪」ってなノリだったので、月曜日に空きが出たと聞くやいなや、すかさず予約を入れていたんです。

が、GW直前に、なんと、N先生が交通事故に遭ってしまったというニュースが!
自転車に乗っていて車にぶつけられ、腕を骨折したというではないですか!

今日、事故以来初めて学校に出てきたという先生に会ってみると、包帯とギプスでグルグル巻の腕を吊って、痛々しい姿でした。
聞けばなんと、3個所も骨折していて、まだ金具が入っているのだとか。
しかし、ケガ自体のショックもさることながら、なにより先生にとっても、聞いた私にとってもショックだったのは、周囲の対応です。

まず、自転車に乗ったN先生にぶつかったバンは、そのまま走り去ったというじゃありませんか!
衝突の衝撃で、先生は自転車ごと車の屋根を越えて反対側に腕から落ち、そのショックと骨折の痛みで動けなくなっているのに!
つまり当て逃げですよ。犯罪ですよ。

なのにですね、警察は、何度も何度も同じ質問をして、その時「信号が赤だった」と先生に言わせようとしたと。
つまり「N先生が信号無視をした」「N先生に非がある」ってことで一件落着にしようと、やっきになっていたそうなんですよ。
警察は、被害者であるはずの彼にまったく同情的でなかったと。まるで彼の方が悪いことをしたかのような扱いだったと!

あげくに、日本語がほとんど話せないN先生のために、いちおう通訳がついたそうなんですが、N先生の上司(たぶん英国人)と奥さん(日本人)が駆けつけて、事情聴取に付き添おうとすると、係官が「私たちを信用できないのか?」と、追い出そうとしたとか。
「信用できないか?」と問われて、「Yes and No」と答えたという先生。そりゃそうです。
通訳が間違えるかもしれないし、ウソだってつくかもしれない。
警察と通訳だけで勝手に作った日本語の調書にサインしろっていわれても、そりゃ、できませんよね、普通。
すると取調官は「あなたはアフガニスタンとかイラク(のような無法者の国)にいるわけじゃないんだから、安心しなさい」というようなことを言ったそうですが…どの口が言うかね!と、聞いてる私は思いましたよ。青だったという信号を、無理にでも赤と言わせようとしといてからに!
っつか、アフガニスタンとかイラクの人にも失礼じゃないか!

さらに、先生のガールフレンドが「日本人ではなくイタリア人」ということがわかると、警察の態度が冷たくなったように感じたそうです。
レイシズム…人種差別を感じたと。

だから、拙い英語で説明しましたよ。
日本では、交通事故において、往々にして警察が(加害者であるはずの)ドライバー側に立つこと。
たぶん日本人の中には、「人種」差別というよりガイジン差別…ガイジンに慣れていないのでめんどくさいという感覚を持っている人が少なからずいるかもしれないこと。

先生だって、世界中どこの国にも人種差別主義者や排他的ナショナリストや外国人ギライの人間がいることは、よーくわかっているんです。
でもね、ボキボキに骨折させられたあげくに、警官からウソの証言をさせられそうになったり、「信用できないのか?」なんて半ば脅されるようなことを言われれば、ショックだし、傷つくし、疑心暗鬼にも不安にもなりますよね。

私の気持ちは、タイトル通り。もちろん、当て逃げ犯についてはゴルァどころじゃすまないですよ。
日本に興味を持ってやってきて、誠実な仕事ぶりで、すばらしいレッスン体験をたくさんの日本人に提供してくれているこの若者が、日本ギライになって帰ることになったらどうしてくれるんじゃ!

ほんとに、情けないことです。情けないですが、しかし、一言、言っておかねばなりますまい。
外国人のみなさん、この国で、万が一、犯罪被害者になったら、くれぐれも注意してくださいね。
あなたが受ける事情聴取は、(日本以外のどこかにあることになってるらしい)無法者の国のソレと、どっこいどっこいかもしれないよ!

Sun.07.05.06 ポケミス

いえ、ポケッとしていてミスッたというわけじゃなく、ハヤカワポケットミステリのことでして。
GW中、多少なりとも片づけを進めなくては…と、大小6棹ほどもある棚も半分は捨てなくては…と、まずは本の整理に着手したんですが、ポケミスだけでも出るわ出るわ!
新書が約26冊入るというプラスティックケースを4個用意していたんですが、あふれました。
しかーも、パトリシア・モイーズほぼ全巻とか、ドーヴァーシリーズとか、まだ部屋のどこかに埋まっている未発掘本がたくさんあるんですよ。
ケース、追加注文しなくちゃ。あ、その前に、ケースの収納先も確保しなくちゃ。
…などと、のっけからつまづいているうちに、明日から世の中は動き出すんですよね。
私も否応なく、仕事モードになるわけで。
しかし、ここで止めてしまっては元の木阿弥どころか、現時点ですでにGW前より散らかっている状態なので、悪化の一途をたどることは必至なんですね。
「毎日少しずつ片付ける」などというウルトラCができるんでしょうか? この私に?
…と、ここに書いておくことで、もしかしたら少しはやる気になるかも。
片づけが進展したら、画像もアップしようっと!
…などと、わざとらしく自分を励ましてみるGW最終日でした。

Sat.06.05.06 11111番!

GWをいいことに更新をサボッている間にも、こちらをのぞきに来てくださった方がたくさんいらしたんですね!!
ありがとうございます! アーンド すみませんでした! アーンド おめでとうございまーす!!!
栄えあるカウンター11111番=ワンワンワンワンワンを踏んだのは、Mシュナのジャック君(の飼い主さん)でした!
近々、粗品をお送りさせていただきますね!
それにしても、こんなに早く回るとは予想していなかったので、びっくり&カンゲキです。
1割前後は自分で回したものだと思いますが、それでも1万回前後におよんで、みなさまに訪問していただいたってことは、ホント、ありがたいです。

次はひと桁上がって111111番…だとあまりに遠いので、99999番=クンクンクンクンクンあたりではいかがでしょう?
いずれにしても遠い道のりですが、いつも見てくださっているみなさまへの感謝を胸に、これからもしぶとく更新してまいります。
そうそう、少しは他の部分も手を加えなくっちゃ!


で、GWは何をしていたかというと、いつも通りです。
妹様がお帰りあそばして、またカニ&新鮮魚介類をごちそうしてもらって、私は仕事Cの修正などもしつつ、ちょびっとだけ部屋を片付けるふりをしていたと。
ダリも新しいおもちやをもらって(&すでに飽きて_| ̄|○)彼なりに充実したGWだったようです。

5月3日
左は3月11日時点の玄関(外壁にセメントの下地を塗ったところ)。右が仕上がり状態。
外壁も、今回の改修で、劇的に変わった部分のひとつ。改修前は外壁全体が板張りで、この玄関ドアと同じ色が塗られていました。それがスタッコ塗りで真っ白に仕上げられ、よその家かと思うほどピカピカに。今までの外壁に塗り重ねたので、1枚上着を着込んだような形になり、断熱性も高まりました。ありがたや〜。

5月3日
おなじみ“おばあさんの庭”には、今度はポピーが咲き始めています。

5月3日
まさに新緑の季節! 西荻〜荻窪の住宅街でも、庭らしい庭も、見上げるほどの樹木も年々減りつつありますが、やっぱり緑は気持ちイイ!

5月5日
つつじの季節ですね。またもやムリヤリ、ダリとつつじを2ショットしてみましたが、ヘアスタイルが…。

>To Page Top ページトップへ戻る