Sun.28.01.06 またまたパピー続報!

なんとか仕事2.5コほぼ終了!
0.9コ+0.8コ+0.8コ…って感じでしょうか。
手離れの悪さが、この職種の悲しいところですな。

ダリ殿下、それなりにつつがなく暮らしてはいらっしゃるようですが、「遊びてぇよコノヤロ」な余剰パワーは着実に蓄積されているような…。
来月には善処する所存ですので、今しばしのご容赦を。
…って、ウェブに愛犬宛てのメッセージを書いているところが、なんともはやですが。

あ、そうそう。
大阪の皆様、御愁傷様でございます。
東京都民には毒吐く資格もないような気がしますが、とりいそぎご挨拶まで?


そして、本題です。いよいよ本格的にカワイサを発揮し出したパピー情報です。

マーサパピーのうち1頭は、Kさん家に残ることになったそうです。
引き続き3頭の里親さん募集中です!

どうです? このムクムクコロコロっぷり!
わが母に見せたら、わが家の状況も考えず欲しがるに決まっているのでヒミツにしているくらいです。
とにもかくにも写真をご覧くださいまし!
本日は、あまりの愛らしさに普段より大きなサイズで掲載しております(ナロウバンドの方、重くてスミマセン)。

お問い合わせは右下のメールか、掲示板にて、お気軽にどうぞ!

マーサパピーの…たぶんAちゃんですね。ピクルス君とは色が違うので。っつーことはピクルス君がKさん家に残留決定?(って相変わらず直接聞く手間を惜しんでスンマセン)しっかし、どうでしょう?この愛くるしさ!! 子犬らしい表情が出てきて、ウギーッ!触りてぇ〜!!と、アタクシ悶えております。
サラパピーCもしくはDちゃんですね。くぅぅぅっ!なんつー表情をしてくれるんでしょうかぃ! 一見、タレ耳がラブラドールを思わせて大きくなりそうな印象ですが、サラちゃんは小柄ですので、マーサパピーよりは小さいでしょう。女の子だし。サラくらいの感じかな?
あ゛ぁぁ〜! このお手手! ニギニギしたいと思いませんか? サラパピーCもしくはDちゃんですよ。それにしても見事な赤虎です。琉球犬でいうところのアカトゥラーです。相当な美犬になってもアタクシ驚きませんよ。
一方、ダリ殿下の近況ですが。先日、私の仕事部屋に来て、私がPCに向かっている間、ひとりソファの上で静かに寝そべっていたんですよ。よしよし、ダリもさすがに6歳半、モノワカリも良くなったもんじゃのぅ…と感心するなんぞ、10年早かったわけでして。つまり、年末あたりから、定位置であるスタンドの笠の上から姿を消していたこのスノウィーを解体なさっていたんですな。それにしても、顔から行きますか。
この変わり果てた姿、もはや相棒のタンタンにすら見分けがつかないでしょう。
そして後肢は複雑骨折の憂き目に…。
Mon.21.01.06 パピー続報!

とりあえず仕事1.8コほぼ終了!
なんで「1.8コ」かといえば、うち1コはまだ校正してないからですが、まぁ、いちばん苦しいところはくぐり抜けたってところでしょうか。
そんなに量はないし、別に難しい懸案じゃないんだけど、いつものようにズルズルと引き延ばしたがために、時間がなくなって余計なプレッシャーを背負い込んだってだけのことでした。
相変わらず「永遠の小学生@8月31日」のワタクシです。

あ、いや、まだほぼ1コ残ってるんですが、とりあえず山を越えたような気がするってことで、雑記更新を解禁してさしあげますわ→自分。

それにしても8月30日(比喩ね)あたりに気分転換と称して見るERの面白いこと!
なんでまた好き好んで、わざわざ赤の他人の(しかも架空の)切羽詰まった状況に手に汗握ってハラハラしてるのかとも思いますがね。
テレビを消せば、いつでもそこに切羽詰まった自分がいるというのに。



で、ですね。本日も引き続き、パピー情報ですよ。

えーと、まず、里親さん募集中なのは4匹です。
とりあえず、パピーA〜Dとしておきましょう。

母マーサ×父ジョン
パピーA 12月15日生まれ ♀
パピーB 12月15日生まれ ♂ ピクルス君?

母サラ×父ジョン
パピーC 12月23日生まれ ♀
パピーD 12月23日生まれ ♀

ちょっ・・・ジョンってば・・・!?・・・と、ツッコミたい気持ちはおいておいて、関係者のプロフィールをば。

サラ 柴×ビーグルミックス 10歳/体重13キロ
マーサ サラ×柴×ビーグルミックス 8歳/体重16キロ
ジョン 甲斐系ミックス 年齢不祥(ノラ出身)/体重15キロ 

父母の性格は全員穏やか。人なつこく、甘えん坊。

ちなみにパピーは4匹全員、甲斐犬の毛色を受け継いだ黒虎毛(黒地に金茶の筋が入ったトラ柄)。
両母のビーグルの血がどう出るかはわかりませんが、タレ耳になる可能性は大きいと思います。

引き取りは無料。
「全国どこへでも送り届けますが、どういう環境で生まれ育ったかを見ていただくためにも、一度お越しいただけるとうれしいです」。
ということです。

お問い合わせは右下のメールか、掲示板まで、お気軽にどうぞ!

うっくんうっくん飲んでます。おっぱい飲むのが仕事です。このお腹はマーサなので、パピーはAちゃんBちゃんってことですね。
ピクルスくん…とのタイトルが画像データについてました。っつーことは、パピーBちゃんですね?→Kさん!
これもピクルスくんです。あぁ〜っ!くぁ〜わいい〜! それにしてもキレイな色のコートをお召しですね、ピクルス王子。
ちなみに、これはテリア限定の話かもしれませんが、「確かに男の子の方が激しい部分のある(犬同士の派手なケンカとか)子も多いけれど、単純素直なのでオヤツやオモチャで釣りやすい誘導しやすい」といわれます。が、一方で、同胎の兄妹に女の子が多いと、おとなしい子に育つことが多いそうで(ま、その姉妹がおとなしいってことが前提ですが)。
つまり、このピクルス王子は、かなりの確立で、とっても飼いやすい子だと思いますです。
おぉっ?なんだかすごいぞ?このポーズ。タイトルには「くまと」ってありましたが、くまちゃんってことですね。消去法でパピーA・C・Dの誰かに当たるわけですね。
タイトルは「くまペロン」とありました。「くま&ペロン」なのか、「くまがペロン」なのか(って直接聞けよ自分)。ふたりともボヨ〜ンとして自分の世界に入ってる模様です。皮が余ってる感じがパピーですね。
Sat.12.01.06 ミックス犬と暮らすチャンスですよ!

今回はのっけからPRモードですが、本日はお知らせがあります!
じつは昨年末に、ワタクシの犬人間リストの中でも最古参に入るKさんから「子犬の里親さん募集中!」のお知らせをいただいていたのですが…本日、ご本犬の写真を送っていただきました!
どうです!?このクニュクニュっぷり♪
12月生まれのパピーちんです↓

お父さんのジョンは、あの、神秘的な虎毛で知る人ぞ知る甲斐犬のミックス。
お母さんのマーサは、ビーグル×柴の血筋。
マーサのお母さん(パピーのおばあちゃん)サラは、ミロプレス制作のムック本でモデルも努めた器量よしです。

サイズは、おそらく中型(ってわかりにくいですね)。
毋方の性格は、私が実際にサラちゃんに会った時の印象でいえば、とびきりチャーミング!
当時、まだ若かった彼女は、明るくフレンドリーだけれど、過敏・過激なところは一切なし。
テリアのようにガウることもなく、スタジオでも健気にがんばってくれました。

普通、ミックス犬を迎えたいと思っても、親のわからない子が多く、はじめて迎える方には不安も多いかと思います。
でも、Kさん家は、昔からファミリーごと犬を飼ってきました。
それも、クリエイター夫婦なので、家庭の中で、つまりいつも目の届くところで犬たちと一緒に暮らしてこられた。
お父さんもお母さんも兄弟も一緒!という恵まれた環境で生まれ育ったパピーというのは、純血種でもなかなか出会えるものではありません。
そうそう、自然環境の方も、これまた理想的!
数年前に東京から移住した山梨県で、人も犬たちもカントリーライフを満喫しておられるそうです。

で、このたび、分離政策をとっていたにも関わらず、運命のイタズラでパピーがデキちゃったと。

本来、私は、一般の飼い主さんが、むやみに繁殖に関わることは決してオススメしていません。
が、Kさん夫妻は、私などよりずっと長く犬たちとの生活を楽しんできたおふたり。
そして、私の知る限り、おふたりの元で生まれ、育てられた犬たちはいつも大切にされ、みんな健康でハッピーです。

わが家のように要介護高齢者とダリのいる家庭では、とても名乗りを上げることはできませんが、
「ホントは雑種が好きなんだよね〜」
「ミックスも飼ってみたいな」
と常々思われてきたアナタ(含むTさん)、チャンスですよ!

お問い合わせは右下のメールか、掲示板まで、お気軽にどうぞ!

パパ犬:ジョン
まったり、のんびりしてますね〜。でもアバンチュールには積極的なわけです。ちなみに、ジョンのご先祖の一部である甲斐犬は、日本犬中型犬のなかでも小型で軽快。私が出会った甲斐犬は、概ねおとなしく、人間に対しては穏やかで友好的な犬たちでした。
お姉さん犬:ローラ(生後6カ月)
昨年6月にもデキちゃった出産があったそうで、その時のパピーが、こーんなキュートなギャル犬に。ブリンドルの毛色がじつに美しい!プロットハウンドにそっくりですね。
今回のパピーも成長後は、こんなカンジになる可能性大!
ジョンパパとローラ姉さんの2ショット
ジョンくん、カッコイイですね〜。ローラねいちゃんのスタイルはママ似、毛色はパパ似と思われ。もの思わしげな、なんとも素敵な表情をしてくれます。
お母さん犬:マーサ
タレ耳がチャームポイント! 賢そうな顔つきはママ(サラ)譲り。
左から:ローラ(姉)、マーサ(母)、サラ(祖母)
パピーの祖母・母・姉。みんなじつにイイオンナ。味わい深い表情です。サラがだいたいビーグルくらいですから、サイズの目安になりますね。ちなみに、サラちゃんもこの年末、「デキちゃった出産」となったそうで、「犬があふれていてうれしいやら大変やら」という悲鳴(おノロケ?)が届いております。
Sat.05.01.06 賀正ですが何か?

のっけから挑戦的ですが、ともかくここまで明けきってしまいましても、おめでとうございますとしか言い様はないわけでございまして。

ともあれ、わが家の年末年始は、おかげさまでほぼ例年どおりでございました。
偉大なる(昇進されまして)妹様がお帰りになり、
部屋の片づけに御協力頂き(約60平方センチの床面が出現!)、
お年玉を賜り(って、妹からお年玉をもらう中年ワープア女ってどうよ?とは思いますが有り難いものは有り難い)、
年賀状を書き(本日、やっと書き終えた…つもりですが記録が大混乱のため届かない方がいるかもです。あらかじめご容赦を)、
本日に至るという案配です。

そして、挑戦的でやさぐれたタイトルで書き始めたくなるほど、1月のスケジュールがギュウギュウなわけです。
あ? ネズミ年だからチュウチュウ?

おそらく今年も年初から更新ままならない状態ですが、なにとぞ見捨てずにおいてやってくださいませ。
ほんのたまーに、チラッとでものぞいていただければ。


ところで、お正月らしいというか、普段やらないこと(いやある意味しょっちゅうか?)として、10年ぶりくらいに本棚から発掘された古い漫画を読んだんですけれどね。
大島弓子作品を売っぱらおうとした自分の不見識にがく然としましたよ。

最近では読み手を選ぶってことになってるようですが、やはり傑作ですよね。
とくに80年代の家族モノは圧巻だと思います。

一見サラリと描かれた、たった数コマ、数ページに、これほどの孤独や絶望、慟哭、切望、そして希望が描かれていたとは…!と感動新たでございます。

昭和の少女マンガの文法に親しんでいない人にはキツイという話もありますが、オトナにも若い人にもおすすめです。
未読の方は、機会があったらご一読を。

1月3日(木)
妹様を都内のマンションにお送りする際、ダリも同乗して玉川沿いの緑地に行こうということに。河畔に広がる野原をお散歩しました。ダリはもちろんダリ喜びで、薮だの草むらだのに潜入です。
1月3日(木)
ハイテンションで緑地の途中の小川にもバシャバシャと…。水面をユルユルと漂っていた空き缶の動きが、なにか非常に興味深く見えたらしいんです。空き缶にも逃げられ、ただビショビショになっただけなんですがね…。

1月3日(木)
でも、ゴキゲン。ふときづくと顔からオシリまで、草の種が気持ち悪いくらい大量にくっついてました。ジャック・ラッセルにゴマ毛ってあったっけ?ってくらいに。しかしご本犬、大満足のご様子です。

>To Page Top ページトップへ戻る