Mon.18.06.07 プチ逃亡計画

すいませんすいませんすいません×100っっ。

仕事が詰まってたわけじゃなくもないんですが(って、その日本語はなに)。
やることがいっぱいなのに、気持ちばかり焦って、なぜか前に進まない日々でした。

いやね。なんで焦っているかというと、再来週からちょいと国外…グレート・ブリテンに逃亡する予定なんです。
なのにやっと今日、着いたその日の宿が決まったところでして。
若い頃なら、ナイロンバッグひとつ担いで、その日降り立った街のトラベルインフォメーションで
「あーーうーーーどっかナイスなお宿はないすかね?」なんつって。
適当なB&Bに連絡してもらって、そこのお姉さんにもらった地図を片手にその足でチェックイン…とまぁ、ちょっと体力はいるけど、ある意味お気楽な旅ができたんですがね。
今回は、なんだかんだで、せっかく行くんだからと、仕事をお持ち込みすることになっちゃいました。
だから行き当たりばっタビというわけにもいかないんですね。

とはいえ、最初の数日間は完全にプライベートホリデーなので、今日、その予約をしたんですよ。電話で。
ええ、電話ですよ、電話トゥ・スコットランド。

もちろん今は、予約サイトがいろいろあって、ネットだけで宿をとることもできるんですよね。
ホントにね。考えられないくらい便利になったもんです。もんですが…。
ネットに載っている情報だけで判断するのはかなり難しいし(それで大失敗チョイスをしたこともあるワタクシですから)、
ネットで即時予約できるのって大都会や有名な場所だけなんですよ。

じつはプライベート旅行の目的地は、かな〜りヘンピなところな上に、いかんせん日にちが迫っているので、メールでのやり取りもまどろっこしいんですわ。時差があるし。
なので、一気に決めてしまおうと、ここにかけました↓
http://www.visitscotland.com/

いやはや、大汗かきましたよ。
何年英語教室に行ってるんだか知りませんがね→ワタクシ。
まぁ、なんとか「退化のスピードを遅らせる」役には立っていたことが証明された…と思います。たぶん。きっと。願わくば。
あ、それからクソ度胸をパワーアップさせる役には確実に立ってますね。

とにかく、一筋縄じゃ行かなかったんです。
あらかじめ日程を元に検索した「予約可能な宿」からある程度目星をつけていたんですがね。
実際に電話の向こうのお兄さんに問い合わせてもらうと…、どれもこれも「電話に出ませんね〜」とか「残念ながらその日空いてる部屋は見つけられませんでした」だとさ。
空き部屋なしといわれるたびに、
「え? 今なんと? ない? 空室ナシってことですね? えーと、うーと、じゃあ、××ゲストハウスってところを」。
「はい? ×△?」
「××ゲストハウス」
「スペルを言っていただけますか?」
(ゴメンよ発音悪くて)「え、えーと、ビー。バッドのビー。うーんと、ジョージ・ブッシュのビー
…とかやってるもんだから、やたらと大変なのさ。
5件ほど問い合わせてもらって全滅だったもんで、結局、お兄さんに探してもらったわけです。
で、ちょっと予算オーバーだけど、もういい加減疲れたし、電話代だってコワイしさ…と、決めた宿が…
「これ、ボクも発音できないですよ」「ではスペルを…」ってな名前だったりして。
 

ゴードンというその兄さんは、なんだか私のことを辛抱強いとホメてくれてたような気がするけど、
いや、それはアナタだから。
辛抱強いのは、ゴードン、ユーだよyou!

…と、すかさずほめ返す英語力が欲しかったワタクシでした。
 

しかし、もろもろ山積みで、出発に間に合うんでしょうか?
 

Tue.05.06.07 決めた、買った、そして落とした

またまたご無沙汰でございます。
いきなりですが、今日、携帯変えました。
まぁ、いろいろワケあって(ワケはなくてもいい加減変える時期ではあったんですが)
ナンバーポータビリティで、ドコモからソフトバンクへ。
最初は、ちょっと前の他社CMじゃないですが、「話せりゃいいじゃん」と思っていたんですね。
「シンプルで安けりゃ何でもいいや」と。
で、ちょっと考えて、
「そうだ、ソフトバンクの携帯っていえば、あのカラフルなやつだよね?」と思い出した。
「そうだよ、キャメロン・ディアズのCMの」とね。
あ、いや何も同じ携帯持ったからって、キャメロン・ディアズになれると思ったわけじゃないですよ。
わけじゃないけど…でも、あのCMかわいかったよね。っつか、やっぱりキュートだよ、キャメロンは。
なーんて、まんまとCMに洗脳されてますよ→いいオトナのはずのワタクシ。

じゃなくて。携帯買う話でしたね。

ま、とにかく最寄りのソフトバンク屋さんに行ったわけです。
あらかじめドコモのサイトからナンバーポータビリティの申し込みをして。

しかーし、お店に行って、手にとってみると、とんでもなく薄いコレが目についた。
いやもう、「もう絶対コレじゃなくちゃ!」と。
「色はやっぱりホワイトだよ(料金プランもホワイトだし)」とも。

ところがこの機種、もう製造終了らしいんですね。
なので、お店にはもう白はない。ソフトバンク直営店にはもうどこにもない。今後の入荷もないと。
しかしお店のお兄さんいわく「もしかしたら量販店なんかには残っているかも」と。

とりあえず探してみることにして、帰り道に荻窪駅周辺で6件(今まで気にもとめなかったけど、駅のまわりって携帯ショップだらけなんですね)、次の日には電話でヨドバシから秋葉原の老舗まで問い合わせたところ、惨敗ですた。
(無いとなると、かえって意地でも欲しくなるワタクシ。いささか冷静さを失っておりました)
ようやくナットクして、本日、件の直営店で最後の1台だったブルーを購入しましたよ。

無事、乗り換え手続きがすんだところで次の予定があったので、さっそくこのおニュー携帯をバッグに入れたりポケットに入れ替えてみたり、その薄さに悦に入りつついじくりしながら駅へ向かったんですが…。
その薄さゆえか、ツルッと。
そしてゴチッと。
買って10分ほどでいきなり落っことして、傷つけちゃいますた。_| ̄|○
色がどうとか言う前に、いきなり傷つけちゃね。

ま、今日まで6年半前に初めて買った携帯を使い続けてきた私には、傷くらいどってことないんですが。
それに半分に折れたり、画面がカラーだったり、カメラが付いていることだけで画期的なことなんですな。

さっそくダリを撮って、待ち受け画面にしてみましたよ。


5月31日(木)
この数日前、ゴキゲン斜めだったダリ坊っちゃまがハデにやってくださいました。オシリの毛に付いたウンコを取ろうと、ちょっとムリしたワタクシがいけないんですがね。いかんせん、噛まれたのがいちばん無防備な場所ですから(おニクもたるんでるし)。6月5日現在も、まだ完治してません。

6月5日(火)
見よ! この薄さ! 後ろの食事中スノウィーは、普段はマグネットで、クリップ入り食器とともにスタンド傘に貼り付いてるんですが、自慢がてらに特別出演。
6月1日(金)
向こうに見えるのは、先月の日記に書いた少年が「あのワンちゃん」と呼んだオス猫さんです。少年は「このワンちゃん(ダリ)とケッコンする?」と言ってましたが…→

6月1日(金)
→…「しねーよ!」とおっしゃってますね。

>To Page Top ページトップへ戻る