Thu.29.06.06 暑いじゃないかっ!

まだ6月なのにっ…って、じつは10日前も同じようなこと書いた気がしますが。

リニューアル後のわが家は、断熱性が高まったので以前より涼しいはずなんです。
とくに私が生息している2階は、トタン屋根をふき替える際、断熱材も入れてもらったので、だいぶラクになりました。
昔、クーラーのない頃は「ただ部屋にいるだけ」で鼻血が出たりしたましたから。
とはいえ昨日の夜から、あまりの暑さにとうとう耐えきれずクーラー解禁。
しかし、もしこのまま夏に突入すると、7、8、9月いっぱい…ややもすれば10月半ばまで夏が続きますから、エライことになっちゃう。
梅雨よ戻ってきておくれ〜(ただし取材日以外)。


ところで、明日から母と妹は北海道旅行に出かけます。
うらやましいです。
父とダリと私は留守番です。
がんばろうなっ!→自分

いや、いまだに母が元気なのを良いことに、料理などはほとんど母に頼りきりなもので。
ま、いちばん影響を受けるのは父でしょう。
マズイもん食べさせられる確率がグーンとアップしますからね。
耐えてくれっ!→父


とうとう日が暮れてからでないと散歩がキケンな季節になってしまったので、その後の画像はありません。
ダリとリゾーとに行きたいね。
あ、去年も言ってたっけか。
Mon.26.06.06 永遠の夕暮れ

Tさんから「なんで自分の顔だけモザイクをかけて、オレのはそのままなのさ」とクレームが付いたので、一昨日の日記の画像にモザイクかけました。
確かにね、いちおう誰でも見られるサイトなわけですから、まさかとは思いますが、万が一良からぬ人が見ていて、たまたま街中でTさんを見かけたりして、「フォトグラファー…ってことは、カメラ機材をたんまりもってるってことだな」なんて思われて、良からぬコトを企てられてはいけませんからね。

進めなきゃいけないコトもあるんですが、資料待ちの仕事もあって、やや中途半端だった先週、じつはチョロチョロとゲームやってました。
『MYST3・エグザイル』ってやつです。
難易度でいえば、ZGI(ゾーク・グランド・インクイジター)に比べたらチョロイといってもいいくらい。いや、MYSTシリーズはシンプルなパズルが各所に配置されているという構成だから、そもそもゾークとはまったく別物なんだけど、わりとあっけなく終わっちゃいましたね。
が、やっぱり美しい! そう、MYSTは謎解きというより、風景とその世界観が何よりの魅力ですから。
お馴染みの人っ子一人いない(最初と最後では出てくるけど)荒涼とした世界は、ひとり旅が好きな私にも、ちょっと寂しすぎはしますけれど…むしろそれだけに、ここアマテリアはノスタルジーもあって、すっかり魅了されました。明らかに、あれは宮島ですね。
外国人旅行者に大人気なのに日本人はあまり行かない名所だそうですが(パリジャンJによると)、なるほど、こんなにファンタジックなのか…と。
いや、もうじつに美しいというか、幻惑されるというか。この永遠に暮れない…はたまた明けない空が好きですね〜。
ゲームの世界で今まで私が訪れた場所のうち、ココ(ゾーク・ネメシスのコンサバトリー)と並んでいちばん好きな場所のひとつになりました。
ちなみに、ゾークのコンサバトリーは(適当なスクリーンショットが見つからず、どこだかわからない国…たぶんチェコ?…のサイトにリンクしてます)、要するにペントハウスというか、天井まで続く窓のあるエレガントなお部屋です。ここではずっと雷がなっていて、この窓に雨があたるんですが、真夏の夕立ちのような、はたまた春の嵐のような、雨にぬれた緑や土の匂いまで感じられるような、雰囲気がなんともイイんですよ。ここがホテルなら、ぜひ泊まってみたいな…と。

…というわけで、誰か作ってくれないかにゃ〜。旅行気分を満喫できるゲーム。

6月20日(火)
とうとう「おばあさんの庭」が整地されてしまいましたよ。住宅が2棟建つらしく、早くも地面はヒモで区切られちゃって…さびしいね〜。

6月20日(火)
曇り空だから涼しいような気がして、この日の散歩は西荻北口のニューベリーカフェを目指したんだけど…。西荻ってほとんどのお店が火曜定休なんだよね。ガックシきて帰る途中、路地裏の空き地に見事な赤い花。何の花かな?
6月21日
じつは今年もうちの庭で、子猫が生まれていたらしいんですよ。どうも去年生まれた子猫のうちのトラちゃんが早くもママになったんじゃないかと。写真はわが家のガレージ脇のブロック塀。散歩に出るダリと私を、子猫くんが興味津々で観察してたりします。

6月22日
最近になって、こけし屋新館のテラス席が犬OKだとわかり、散歩の目的地として新たなレパートリーに。ダリは、私がレジまで支払いに行く間も、テーブル脇でずっとオスワリしていられるようになったゾ!
Fri.23.06.06 夢の10分

リアルタイムで見た人だけが味わえた夢のひとときでしたよね。
ええ、見ましたよ。最後まで。ワールドカップ予選、日本対ブラジル。
あの10数分間、日本がブラジルをリードしていたんですよ。
もうね、あの10分だけでいい。ありがとうと言いたい。いい夢見せてもらったよ。
それにしてもブラジル、あそこまで最下位の日本をボコらなくてもいいじゃないかと思うんだけど。


その後の写真もいろいろあるんですが、まずは今週前半分↓

6月19日
いきなり真夏並みに暑かったこの日、Tさんと原宿方面へ取材に。着いたのが早過ぎたので、近くのスタバで一息。これは店内にいるTさんが撮ったもの。

6月19日
これもTさんがいつの間にか撮っていたスタバ店内の照明。すごく暑そうな色だけど…ホントに暑かったからそう見えるだけ?

6月19日
あ、恐がらないでください。別に怒ってるわけじゃないと思います。Tさんなりの顔芸なんだと思います。

6月19日
撮影後、節約のため最寄り駅から徒歩でTさんの事務所へ。「暑い暑い」とブーチカ言いながら歩いていると、こんなきれいな百合の花が。一瞬だけ、暑さを忘れさせてくれたね。

6月20日
翌日はまた梅雨らしいお天気に。私の部屋の窓辺のキュウリが大分成長したので、巻き付くためのヒモを設置。プチ命がけだったよ。

6月20日
良く見ると、もうこんなに立派なキュウリがなってた! 4本なっていたうち、いちばん大きいコレは、この日の時点で長さ約15センチほど。もう少し大きくなってから収穫する予定。
Thu.22.06.06 ジャックくん近況

あと2時間ちょっとでブラジル戦です。
見ると明日(すでに今日ですが)は使い物にならないこと必至ですが、たぶん見ちゃうんですよね。
日本中の、私のようなにわかファンがこうしてうつつを抜かしている間に、ここぞとばかり良からぬ連中が、良からぬコトを進めちゃっている気もしますが。
狂牛肉輸入再開とかね。
ま、限り無くたぶん、今夜で日本チームのワールドカップは終わるだろうから、見届けておこうじゃないですか。
いいじゃないですか。前にも書いたけど、出られただけでスゴイことですよ。
そもそも出られなかった国の方が多いんだから。そうした国の人たちのことを考えれば、選手やジーコに感謝してもいいくらいじゃないですか。
成績ばかり取り沙汰しないでさ。
その日、その瞬間のフィールドに選手とサポーター、それにTVの前のにわかサポーターからものすごいエネルギーが注がれ、たった1個のボールをめぐって壮絶なせめぎ合いがくりひろげられ、そんな中で奇跡のようなスーパープレイが生まれ…そういうことが、スポーツ観戦の楽しみなんだしさ。
日本人どころかアジア系選手すらひとりもいなかった時代に、つかのまNBAファンだったワシはそう思うな。


さてさて、月曜日に「明日」などと予告しておいて、今日になっちゃいました。
ようやくジャック坊っちゃまのご登場でーす!
ますます犬ばなれしてきた(?)、ジャックくんの近況が届きました。
最近、彼がハマッているものは…緑のアレです↓
今夜のゲスト★ジャックくん
プロフィール:Mシュナウツァー・♂・1歳
ご紹介者:SABOURIさん
SABOURIさんからのコメント:さてさて、最近のジャック様?はご覧の通りの天真爛漫?傍若無人?
グリニーズを見たらまず「ちんちん」「おすわり」「伏せ」「イナバウワー」まで…。
それでも飽きたらず最後には鉛筆をなにやらガリガリ分解しています。
今日もトリミングからご帰宅後、真っ先にベッドを御篭城遊ばされ、その後、お散歩に行けば坂の手前で、「おい、疲れたから抱っこしてくださいよ、いやしろ」といわんばかりで150m担がされました。たぶん彼は犬ではなく犬に似た色の黒い地球外生命体かも…!

↑ろう城中のジャック坊っちゃま。ちゃ〜んと枕に頭をお乗せになって、寝相の良さも犬離れなさっています。


ツヤッツヤな黒いコートがまぶしいジャック坊っちゃま。むふふ、お顔が語ってますねぇ…。えぇ、えぇ、わかりますよ。アレをご所望なんですよね。ミドリ色のアレを…。なのにSABOURIさんってば…↓
この最後の写真の頭の上にあるのは、何を隠そう「グリニーズ」です。本人のIQを知るため、わざと頭に結んで食べられるまで付けた結果、なんと食べられなくて、「人さらい」にあうかのようなおたけびをあげてのた打ち回ること30分…ついにはリボンを食いちぎるという行状なのでありました。本当に犬? 以上最近のジャック様でした!!

←きっと坊っちゃまにとっては、「自分の頭上にグリニーズがあるのに食べられない」のは、「人さらいにあう」くらい重大な事態なのですよね。しかし、Tシャツもリボンも、赤がステキに似合ってますね〜。そして頭上のグリーンが絶好のアクセントに…って、どんなファッション?

Mon.19.06.06 暑っ

昨日までの梅雨寒とうって変わって、本日の東京は晴れ。
いきなりものすごく暑くなりました。
私、たまたま都心部でのお店取材にでかけたんですが、メモを取りながら汗ダーラダラ(暑苦しくてスンマセン→○○ショップの皆様)。
まだ6月だっていうのに、こんな体たらくでは先が思いやられます。
とにもかくにも、思った以上に疲れちゃったので、昨日予告した黒シュナのジャックくんからのお写真は、また明日。
すんません。
でわっ。

Sun.18.06.06 ビミョ〜

ワールドカップですが、いやはや疲れました。なんとまぁビミョーな結果じゃあありませんか。
ほぼ98%予選敗退ってカンジですが、どんなにわずかでも見込みがあるってことは、やっぱりブラジル戦も見ないわけにはいかなくなるわけで。
何はともあれ興味を持続させてくれたわけですから、ジーコジャパン、ある意味グッジョブなんじゃないでしょうか?

ちなみにダリは、またもやずーーーーっとわめき続けてました。
他のスポーツではここまで騒がないのに、不思議です。
競技の違いがわかるんでしょうか?
ま、家族の注目ぶりか、はたまたTVから漏れてくるアナウンサーの口調とか、応援の音声で違いを感じているのかもしれませんね。
←とにかくこんな具合で、画面にかぶりつきでした。
←この状態で、ずーーーっとわめいてます。


ホントは、黒シュナのジャックくんから、プププな近況報告をいただいてるんですが、それは明日のお楽しみに!
Fri.16.06.06 判断ミス

なんだかダリのことばかり書きますが、そもそもここはそのための場所だったはずなので、ま、ヨシとしてください。

今日も散歩に行きました。東京23区西部に大雨洪水注意報が出たほどの雨も、夕方には上がったので。
近頃、散歩中に「こっちはヤダ」とか「あっちに行くのだ」とか、自己主張なさるようになったダリ坊っちゃまなんですが、今日も3ブロックほど歩いたところで、さっそく座り込みに出られた。
ちなみに、そんな場合の対処として、「ほら、こっちだってば!」などとリードをグイッと引っ張る…な〜んてことはノンノンですよ。ソレをやると、かえって引っ張りグセが付くということは、もう何人ものトレーナーさんから何度となく聞いて、さすがの私の頭にも叩き込まれております。
じゃあ、どうするかというとですね〜。
まず、散歩中に座り込む場合については…
1)ケガや体調が悪いなど、健康上の理由がないかどうかをチェック。
2)ただのワガママとわかったら、そのままスタスタ歩いてゆく(リードを体に付けたまま犬を見ないで進む…結果、引きずる形になっても、とにかく進む)。
…というのが正解のはず。
ってか、昨年某誌にて、トレーナーさんに取材の上、行動学の先生の監修の下、原稿に書きました。
一方、「こっちだっちゅーとるに!」と勝手な方向に引っ張る場合は、「前へ前へと引っ張る場合」の方法が応用できるはずです。
つまり…
1)リードを持った手を体にピタッと付けて、電柱か何かになったようにひたすらジーーーーッと静止する。
2)犬が戻って来たら(腹をくくって待ち続ければ必ず戻って来ますよ)、前へ進む。または反対方向へ進む。
…というわけです。
が、しかし、ダリの場合、「座り込み」と「別方向への引っ張り」がセットになっている場合が多く、じつのところイマイチ、対応が統一できないでいる。
あげくに今日は、その場の思いつきで、ホイッと抱き上げるなんてこともしちゃったんですよね。
しかし、これがマズかった。
いや、しつけ上どうこういう以前の問題で…。

その時は、ちょうどダリ坊っちゃまが「大」をもよおしあそばして、ちょっと軟らかめだったソレをなんとかティッシュで摘まんでポリ袋に納めた後でした。
ホッとして先に進もうとする私とは反対に、来た道を戻ろうとするダリ。
それでも知らん顔で私が進もうとすると、今度は「そっちには行くもんかいっ」と、今日何度目かの座り込みに出た。
で、上記の方法に、ちょっと飽きてたんですね、わたくし。
かたくなに座り込んでいるダリを、おもむろにアラヨッと抱き上げて「そーんなこと言ったって、こっちに連れてっちゃうよ〜ん」と、そのまま数メートル。
一瞬、「ゴルァ」とガウったものの、すぐにおとなしくなったので、そっと地面に降ろしたんです。
数メートルを強制的にワープさせられた坊っちゃまは、ありがたいことに、素直に歩く気になった様子。
しかし、その時です。
「さ、行こう!」とリードを持ち直したとき、ふと目に入った自分の手首にあったものは…
あ? 刷毛の跡? ペンキ?
まるで、平筆でサッと一筆描いたような…。そう、ごく軽いタッチで、茶色い絵の具をたっぷり付けて…。
見ればダリのおしりの毛に一筋、先刻の軟らかめのモノがベッタリと…。

ウン直後に抱き上げるなんて、完全な判断ミスでした。_| ̄|○
即刻ティッシュでゴシゴシ拭いて、帰宅後はお湯と石鹸で入念に洗ったんですが、これを書いていたら、まだ臭いが付いているような気がしてきたし。


というわけで、本日の散歩の写真です↓

6月16日
最近のダリは、しばしばこんな風に立ち往生。この5分ほど後にクサイできごとが…。

6月16日
座り込むダリから目を移して、見上げれば満開(何の花だろう?)。

6月16日
ウンコ色のひとときを忘れさせてくれる梅雨の色彩。

6月16日
その後、気を取り直して、ダリのお気に入りの神社へ。小さな神社ながら、うっそうとした巨木に囲まれた異空間です。
Thu.15.06.06 復活〜

ワールドカップ敗戦のせいではなくて、久々に軽度のオゲゲを発症して機能停止してました。
頭イタ〜&首・肩・背中凝り〜のが左右順番に来るんですね。
今回は左側から入って、今朝から右がズキズキコリコリ。深夜のこの時間になってようやく回復傾向です。
なわけで、明日から遅れまくっている諸々を進めねばっ…って、もう週末だし。

それにしてもよく降りますね〜。東京は今日も午後からシトシトザアザアの繰り返しです。
英語の先生は、「まるで11月のブリテンだ」と。
そういえば、『ドッグ・テイルズ』の名付け親、W・ティンギー氏も、英国の冬は「蒸し寒〜い」なんて言ってました。
どっちがよりイヤだろう…暗くて蒸し寒い英国の冬と、蒸し暑い東京の夏と。

あ、そうそう。最近、英語の先生ネタをめっきり書かなくなってしまいましたが、それは先生が変わったためです。
J先生からM先生に。
今度のM先生もとてもよい先生ですが、しごく真面目でマトモな青年でして…いや、J先生が不真面目で異常だったというわけではないんですが…とにかく、日記のネタ向きではないってことですね。
ま、J先生がオモシロ過ぎたってことでしょう。


ところで、さっきお茶を入れに階下に降りて行ったら、リビングの引き戸を開けたとたん…
「ばぁぁーーっ」と奇声を発する顔が目の前に現れて、ドッキリ。
母の仕業です。ちょうど扉のそばにいたところ、私が降りてきたので脅かしてみたとのこと。
とりあえず、もうすぐ80代にして今なお遊び心を忘れていない若々しい母上なのだと、そう受けとめておきます。ボケてきたのではなく。
長生きしてくださいね。できれば正気のままで。
本日もその後の写真をパラパラと…↓

6月9日
夏場の直射日光対策にも、ダリのおやつ代を節約するためにもと、私の部屋のバルコニーでキュウリを栽培中。

6月9日
庭の向こうのお宅が輸入住宅のため、私の部屋の窓からの眺めは、なんとなく無国籍。

6月9日
室内はこの有り様。片付けようとすればするほど散らかってゆくのはなぜだろう…。

6月10日
曇りがちな梅雨の光にアジサイが映える季節です。ダリの散歩の道中、きれいなブルーのアジサイを見つけてパチリ。その隣ではダリが…→

6月10日
アジサイには見向きもせず、その敷地に這い登ろうと…。
で、いったい何がしたいんですか?

6月13日
おなじみの“おばあさんの庭”には、また新しい花が。
Mon.12.06.06 オーストラリア戦

ひぇ〜! 始まりますね。あと5分ほどです。
とりあえず階下のテレビで観戦してきます。
でわっ、のちほど!!
 
 

_| ̄|○


















……って、こんなカンジでしょうか。
ま、こういう時、まず私が思うのは、カビラ・ジェイくんとか松木安太郎さんは、いかがお過ごしだろうってことですかね。
常ににわかサポーターの私でさえこんなにガックシくるんだから、その心中いかばかりかと。
それから、ジーコや選手たちが悪し様に罵られるんじゃないかと思うと、いや〜な気持ちになりますね。
ドーハの悲劇からまだたったの12年じゃないですか。
前回が特別だったんだよね。
それにしても川口キーパー、またもや神憑かりセーブを連発しながらも、アジアカップの時ほど顔がテンパってなかったのが気になっていたんだけど、さすがにアレは無理でしたか。
もっと追い詰められないとダメなのかな。

ちなみにとっくに就寝していたダリ坊っちゃまは、やはり常ならぬ雰囲気を察知してハウスからお出ましになり、前半戦は、例によってずーーーーーっとわめき続けてました。
お疲れっす。



…というわけで、まだたまっている写真もあるんですが、今日はもうオシマイ。
はぁ〜〜〜〜〜〜_| ̄|○
Sun.11.06.06 梅雨〜

室内にいられる限り雨はキライじゃない私ですが、日照時間が短いせいか、いつも以上に眠い。
おかげで何一つ生産的なことをしないという、立派なウィークエンドになりましたよ。

ダリも雨の日は心なしかおとなしい。いや、然るべき時(庭をネコが通った気がするとか、父が出かけそうなそぶりをしたとか)はしっかりわめきたてるんだけど、端的に言えば、散歩に行きたがらないんですな。先代のミロが、リードの先の本犬の姿が見えないくらいの土砂降りでも意気揚々と歩いていたのとは正反対です。
ダリの場合、子犬の頃から散歩の時間をずらして育ててきたおかげで、なんとなく時間が決まってしまった最近でも、夕方になるとちょっとソワソワする程度。遅れても、行かなくても、それほど気にしないので、おたがいストレスがなくて助かってます。
しかし、だからといって散歩パスが続くと、余剰エネルギーがたまってロクなことにならない。なので今日もちょっとだけ、シトシト降りの中、レインコートを着せて出かけることにしました。しばらく服を着せていなかったので、その練習も兼ねてね。
ちょっと前までは、オシリの手入れと同様、服を着せる時もガウッていたんです。ダリ日記の連載中は、取材で服を着ることも多かったので、そこそこ慣れていたんだけど、いつの間にかガウるようになってしまった。
で、昨年末に『愛犬の友』のしつけ企画で、M田先生にアドバイスしてもらってからは改善していたんだけど、気づけばここ数カ月、ダリは、ずっと素っ裸だった。
だから、今日、ひさびさにレインコートを着せるにあたっては、かなりハラハラだったんですね。
でもね、ダリはがんばりましたよ。おやつとホメ言葉の連発作戦で、なんとか最後までガウらずに着用できたんです。必死にほめながら顔を見ると、口の脇がふくらんでいたので、ダリ的にはギリギリだったみたいですが。いや、無事に着せ終わったところで、散歩に出る前から額に汗をかいていた私も相当ギリギリでしたけど。

何のことはない、「ダリに咬まれずレインコートを着せられた」というただそれだけの話ですが、先日のウンコ玉事件といい、最近ダリは、またちょっとだけオトナになって「ガマン」する力がついてきたような気がします。


本日は、先月末の個展以降の写真をいろいろと↓

5月31日
祖父・二郎太の個展最終日。Tさんも来て、写真を撮ってくれました。右はうちの父、左は画廊オーナーのN岡さん。

6月3日
Tさんがダリにおもちゃを持ってきてくれた日のワタクシ(もちろんphoto by S.takei)。顔が恐いのでモザイクをかけたら、恐さがアップした…ってどゆこと?

6月4日
出張先で偶然入ったインド料理店が激ウマだった! とくにチキンティッカとナンが絶品。私が今まで東京で食べたどのナンより美味でした。高松においでの節はぜひ!
★インディアンレストラン『プレム』

6月6日
日本人の悲しき習性とでもいうんでしょうか。帰りのフライトで富士山が見えたのでつい撮っちゃった。

6月6日
5時半起きで朝食抜きのフライトだったので、東京駅にたどりついてひと休み。駅中カフェはありがたいね。
Sat.10.06.06 ユニクロ家族

朝、ユニクロのチラシで何かを見つけたらしい父が、母と近所のユニクロに出かける相談をしていたところへ、私も便乗。
久々に家族で繰り出して、やっすーい普段着を買いまくってきました。
もはや衣類というより一種の消耗品ですかね。なにしろ、ちょっと気取ったカフェでいただくコーヒー1杯とTシャツが変わらないんだもん。
年金生活者とその甲斐性なしの娘にはありがたいことですが、しかし、漠然と不安になったりもするんですよね。
どっか間違ってるんじゃないかって。
マトモな品質なのに、マトモとは思えない値段で売られるってことは、どこかバランスが崩れているんじゃないかってね。
そういえば、ロンドンのみどりちゃんも「イイものが安すぎるのはヨクナイ」というようなことを言ってたっけ。
日本の社会も、地球環境も、どんどんおかしくなっていくように見える昨今、「そのうちモノなんか買えなくなるかもね」なんて、Tさんとも言ってます。

だから今のうちってわけでもないんだけど、夏に備えて下着替わりのTシャツ&タンクトップを計6枚もお買い上げ。
さぁ、猛暑よ、どーんと来て…いや、やっぱりできれば遅めに来て、早めに去っていただきたいのが本音ですが…とにもかくにも、ちょっとだけ夏支度してみました。


5月の写真の続きです↓

5月25日
おばあさんの庭には、長実ひなげしに変わって、この黄色い花が一面に。

5月30日
わが家の新設バルコニーで咲き誇るリリカシャワー。

5月30日
ゴキ除けの切り札、ニーム様。去年買った2鉢のうち、1つはこんなに元気に成長中!
今年はTさん家もニーム導入すべく、苗を予約したそうです。私の布教のおかげだな。

5月30日
母が生協で買ったバラ。名前は「知らな〜い」そうです。小振りでやや地味だけど、バラらしいキレイな形だよね。

5月30日
こちらは「夢乙女」だって。「誰が?」とは聞かないこと。

5月30日
私の部屋でなごみ中、というか、退屈すぎて倒れているところ。

5月30日
バルコニーはダリのお気に入りの場所。庭のネコを監視したり、隣のおじさんのクシャミに返事したりするのに都合の良い場所らしいです。

5月30日
あと、ダリ様に許可なく飛びまわるヘリとかもチェキせねば。

5月30日
異常なさすぎても退屈だけどね。
Fri.09.06.06 進歩(たぶん)!

★ご注意:この文章は食欲に影響を及ぼす可能性がございます。ことにカレー、ハンバーグ、チョコレートケーキ等を御賞味中の方はご注意ください。
ダリのシリ毛(ウン付き)ですが、あの後、さまざまな角度からブラッシング&濡れぞうきんによる除去を試みたものの、ガビウン(ガビカビウンコ)は被毛の奥深く、すっかり毛玉状に固まっており、しかも肛門まぎわという最悪のポジションのため、難航。かといって、まだ出張疲れから回復していなかった一昨日の私は、シャンプーする気にもなれなかったわけでして。

しかし、昨日の朝、庭でひと遊びしたダリ坊っちゃまが脱プンなさった際、またもやウンコが毛に付着してしまった。ウンの上塗りというこの事態に、しばし濡れぞうきんで苦戦したあげく、もはやぞうきんごときでは対処しきれないと、意を決せざるを得なくなったんですな。つまり、おもむろにダリを抱き上げ、浴室へ直送して後ろ半身をシャワーで洗うことにしたんです。

これまでの経験から、ガウる確率は限り無く高かったため、きゅうりスライスの容器を準備の上、エリザベスカラーを装着。まだ事態がよく飲み込めていないダリ坊ちゃまに、水温&水圧を慎重に調整したシャワーを足元から後方へとさり気な〜く移動しつつ、これまた音程&音量とも慎重に調整した声で「おりこうだね〜♪エライねぇ〜♪がんばるよ〜♪」と賞賛と励ましの言葉を浴びせかけた。
その間、いつ起こってもおかしくない爆発を覚悟しつつ、指先で問題の毛玉というかアズキ大のウン玉をほぐしていったんですが、イマイチらちがあかない。そうこうする間にも、ダリの臨界点は着実に近づいているわけで、「ええいっ! かくなる上はっ!」と、作戦変更。なんとかこれまでの事態を甘受しているダリを一時浴室に残し、ハサミを取ってきたんです。
ええ、いくら先の丸いハサミでも、万が一暴れたら危険なことは承知です。
しかし、このままウンコ玉をこねくりまわしていても、いずれブチ切れる瞬間は来るわけで、できる限りそれは避けたい。いや、仮にガウろうが暴れようが、こちらは叱らずビビらず、「洗う時は洗っちゃうんだもんね〜」と、平然とコトを進めるべきで、そうするつもりではいたんですが、ダリにはできるだけ成功体験をさせたいし、私としてもできれば平穏にコトを終わらせたい。
そんなわけで、慎重かつ迅速に、問題の毛をカットいたしました。
カットして、軽くシャンプーで洗い、ゆすぎ、もう一度どこにもウンコ汚れがないか確認し、タオルドライ(ドライヤーは省略)。
そして、なんとその間ダリは、ついにひとことも…ええ、ひとことも、グルッともゴルァとも言わなかったんです!
これは快挙ですよ。他の場所ならともかく、ダリにとってオシリは鬼門ですから。
ちょっと前までは、触るどころか「見ようとする」だけで「何すんじゃいっ!」と激怒してましたから。

だから何だってわけでもないんですがね。
やっぱり「ほめて励ます」しつけは偉大ですね。
もしも叱って育てていたら、決してこんな風に、大キライなオシリ洗いもがんばれるダリにはなれなかったでしょう。
ガウるから、咬むからと叱っていたら、ダリはますますオシリを触られることがキライになっただろうし、今頃、ダリのオシリがどんなことになっていたかと思うと、ゾッとしますよ。
つまり、アズキ大じゃすまなかっただろうと…ね。

Wed.07.06.06 初上陸

東京は涼しいですね。
出張先は四国でした。私にとって初上陸です。
しかし、月曜日の最終便で帰ってくる予定のところ、仕事が終わらず火曜日朝の便に変更。
昨日の昼前に帰りつくと、父と、大喜びのダリと、外出中の母からの「ダリのお尻の毛にウンチがついてガビガビになっているので取っておくように」との指令が待っておりました。
荷物を解く間もなく、ダリ坊っちゃまにエリザベスカラー装着の上、問題の毛を一部カットしたものの取りきれず。あまり深追いすると危険なので、残りはシャンプー時(未定)に持ち越しとさせていただきました。
それにしても、朝5時半起きで、朝イチ便の飛行機で、出張先からようやく帰りついて、いきなり極度の緊張状態で(ダリがいつブチ切れるかと)愛犬の肛門と向き合うことになるとは。
ま、それもまた犬を飼うことの醍醐味ってやつですかな。ハハハ…_| ̄|○


そんなこんなで土曜夜から3〜4時間睡眠が続いたのもあって、昨日今日はヒマさえあれば寝てたんですが、まだ眠いっす。
写真もちょっとは撮ったんですが、ただ今カメラが電池切れのため先週までの写真をば↓

5月18日
ダリとの散歩道では、家々のバラが楽しめる季節に。

5月19日
散歩中のダリ。こういう写真はいつ撮っても同じに見えちゃうね。
この頃、おばあさんの庭に咲き乱れていたポピーは、長実(ナガミ)ひなげしというらしい。

5月19日
こちらは母が咲かせたバラ。

5月19日
母の日に私がプレゼントしたブーケ(ってか、コレ、なんて呼ぶんだろう…バケツ?)。西荻のおしゃれ花屋、『エル・スール』にて購入。

5月19日
散歩の道々出会うバラもますますあでやかに。

5月19日
で、つぼみが落ちていたりすると、ダリ坊っちゃまが試食なさって、このように芯だけペッとお捨てになったりします…。

5月21日
その後も元気です。

5月21日
バラも元気です。

5月23日
そのさらに2日後も元気です。寝起きのためおぐしがいささか乱れております。
Sat.03.06.06 出張

おっと、すでに6月3日です。
今日はTさんがダリのオモチャを持って遊びに来てくれました。ダリというか犬にはもったいようなチュートイです。
デジカメで撮影して見せびらかしたいんですが、明日と明後日は出張で、明朝は6時過ぎに出発予定です。
他にもいろいろ画像がたまっているんですが、とにもかくにも帰ってから。
いや、早起きと言うか、何ならずっと起きていたってかまわないんですよ。過去、何度も徹夜明け出張はやらかしたので、睡眠3時間くらいになっても出発自体には無問題っす。で、午前中はサクサク働ける。でもね、ランチ後がヤバイんですわ。もうこれは経験上、揺るぎない確信を持って言えます。絶対、船漕ぐですよ。エンヤーコラってね。
なので、今晩は失礼します。でわっ!
←ダリとも2日感のお別れです。良いコでいるんだよ!


>To Page Top ページトップへ戻る