Tue.28.02.06 新たな目標

ひぇぇっ! もう終わっちゃうじゃないですか、2月。
懸案事項の処理率0%です。ある意味パーフェクトなダメダメ月間でしたな。
って、いばってる場合じゃなくて。

まさかとお思いでしょうが、じつはまだ改修工事をやってます。今日から外壁の補修がスタートしました。
11月末に始まった時は、誰もが1月いっぱいで終わるだろうなどと、今から思えばなんと寝ぼけた予測をしていたことよ!
現時点で3月後半までかかる見込みです。
いや、別に実動メンバーが高齢なのが原因といいたいわけじゃないんですよ。大工さん2人は仕事早いですしね。
むしろわが家の高齢こそが原因でしょう。いったん手をつけてみると予想以上に傷んでいたり問題のあるところばかりなんですわ。
老朽家屋にお住まいで、ビフォアアフターを夢見ている方、時間と予算は、くれぐれもたっぷりめに見積もることをお薦めします。


そんなわけで、今日から外壁塗装の職人さんが入っているため、ダリはハウス生活。
またぞろ余剰エネルギーレベルも上がるだろうと、ふと思いついて、今日の散歩は、ちょっと足を伸ばして、西荻唯一の犬可カフェという噂のNewbury Cafeを目指したんです。
前から行ってみたかったんですよね、ココ(画像付ナシですみません。店のサイトもないし…)。
西荻北口、つまり駅の反対側で、わが家から片道1.5キロほどという距離は、まぁ、ダリと私にとって、どうということはない。
ないんだけれど、駅に近づくとなぜか興奮しちゃうんだよね。いや、私じゃなくて、ダリが。
お定まりのルートなら、ほぼ9割はリードを引っ張らないで歩けるようになったダリなのに、ちょっとルートを外れると、元の木阿弥。モナミ。ナムアミ。
なんつってる場合ではなくて。
ま、とにかく今日のところは、駅まで300メートル付近の南口商店街になんとか到達したところで、あえなくUターンしました。
なにしろ車や人の往来が激しくなるほど、ダリの興奮度も上がってリード引っ張りまくりだし、
店の新陳代謝がやたらと盛んな西荻なもんで、目新しい雑貨店に気をとられて、ちょっと目を離すとダリが店頭の品を勝手にくわえちゃいそうだし。
これから毎回、テリトリー外でも落ち着いて歩けるよう練習しつつ、ちょっとずつ距離を伸ばしてゆくしかあるまい。
ダリよ、がんばろうな! パッション…いや、ミッション・リヴズ・ヒアだ!
っつか、我々が到達する前に、よもや移転なんてしないでおくれよ、Newbury Cafe。
Sun.26.02.06 泣かない女たち

いやはや、10日以上もサボッてしまいました。
いつものようにボーッとするのに忙しかったともいえますが、いちおう仕事も少しはしたし、ゾーク・ネメシス(ただいま放棄中)も少しは進んだし、オリンピックもツボは押さえましたよ。

そう、オリンピック! ようやく自室が完成して、AVセットとソファだけは使える状態になったので、遅まきながら観戦するべえと、モニターとデッキ(チューナーとして使用)の電源を入れたんですが…。
←モニター瀕死(ちなみにこれはアイスホッケーらしい)。
3時間ぐらいつけっぱなしにしておくと、何をやっているのかはわかるようになってくるんですが、コマがずれる。画面が切り替わった瞬間は正しい位置で止まるものの、見ているうちにフレームかジワ〜ッと上がったり下がったりしてくる。たとえば画面上半分は激しくステップを刻むプルシェンコの脚だけが映り、鼻とオカッパ頭はその足の下だったり。
そんなコンディションではありましたが、カーリング女子カナダ戦あたりから見始めて、なんとかフィギュア女子シングルは堪能しましたよ。
瀕死のモニターにムチ打ってでも、見る価値は充分ありましたね。

で、発見したこと。

1.ダリはイナバウアーができる。
いや、ホントだってば!
←ほら、この通り!!
テーブルがなければ、もっと反らすことも可能ですから。
そんなわけで、荒川選手に敬意を表し、これまで「体操〜」だったコマンドを、「イナバウア〜」に変更しました。

2.私は荒川選手の顔まねができる。
少なくとも母にはウケました。が、今、証拠写真を撮ってみたら全然似てない(し、恐すぎる)ので掲載は断念します。


それはさておき、スルツカヤ選手、残念でしたね(ちなみにTさんは彼女のファンです)。
何度も流れるフリーでの転倒シーンを見て、父が「スルツカヤが転ぶのを初めて見た!」と言ってましたが、「いや、この人は4年に1回転ぶんだよ」と答えた私は鬼ですか?
でも実際、彼女が転ぶのを見たのは、ソルトレイク五輪以来だったんですよ。

ソルトレイクでは、私がプチ応援していた「ミス・パーフェクト」ミシェル・クワン選手も、やってもうたし。
「ガラスのエース」ことサーシャ・コーエン選手もアカンかったし。
そして、鼻王子プルシェンコも4年前の転倒組。しかし、今回はその悔しさを払拭して余りある文句なしの金。
女子も同じ流れになると思ってたのは私だけではないはずです。
しかも、スルツカヤはお母さんも自分自身も病気という苦境を背負っての出場。
トリノにかける気持ちはプル以上だったかも。

でも、やっちゃった。

私は、彼女がキス&クライで、文字どおり泣き崩れると思いましたよ。
ところが、あの笑顔ですよ。
それにサーシャ・コーエンも、勝った荒川選手も!

みんな笑顔の表彰台。

ユジン並みに大泣きしても世界中に受け入れられるはずの3人が、誰も涙を見せなかった。
涙のメダリストもいいけれど、彼女たちの方がステキだと思いますね、私は。
3人とも大人のアスリートなんだな。


さてさて、今夜はゲストさんが来てくれましたよ。
初登場のパピヨンさんです。
2本足のモデルさんにも負けないナイスショットを、どぞー↓
今夜のゲスト★ラナちゃん
プロフィール:パピヨン・♀・1歳
ご紹介者:Y先生
やった! 霊峰富士を背負っちゃた! 誓って合成写真ではありませんぞ。
まっすぐなまなざしが凛々しいこの美形パピちゃんは、静岡在住のラナちゃん。
ご紹介者のY先生は、何を隠そうダリの恩師です(先生に教えていただかなかったら、今もダリは血なまぐさいブチギレ犬だったかもしれません。いや、マジで)。
この写真は「近所の山へ遊びに行った時に撮ったものです」とのことですが、こんな絶景スポットがご近所とはなんとうらやましい!
それにしても、ラナちゃん、いいお顔ですね〜。
←こちらはリラックスモード。もの思いにふけるラナ様であります。このフワフワのパピ耳を撫でながら、ちっちゃなオデコにチューしたくなるのは私だけではないはず! ってか、毎日してるはずですよ、Y先生は。うしし。

Wed.02.15.06 家族サービス

暑いっすね。暖かいのを通り越して。
昨日は1日取材。神奈川県の長津田というところまで行って来ました。
お仕事なんですが、ダリの恩師、Yグチ先生やM田先生とご一緒できるシリーズ企画なので、楽しみでもあります。
そして、「ダリちゃん最近どうです?」と聞かれて、都合のイイ部分だけ(散歩であまり引っ張らなくなったとか、抱っこできるようになったとか)を強調する自分が、いささか心苦しかったりもします。_| ̄|○

で、そのダリですが、ぢつは毎日ギャンギャンワンワン大さわぎです。
なにしろ、まだ改修工事が続いていて、それも今月に入って、工事の範囲が2階部分から屋根と外壁、庭へと移ったため、レギュラーの大工さんに加えて、屋根屋さん、ペンキ屋さん、電気屋さんなどたくさんの人が出入りしてるんです。
この人たちが、それぞれに大きな資材を抱えて、ちょうどダイニングの真ん前にあるはしごを登ったり降りたり。
おまけに屋根の上からは、トタン板がボヨンとかゴワワンとか、電動工具がンギギギギーーーーーンとかウィィィ〜ウィウィギャイ〜ンとか、恐ろしげな音が響いてくるわけで。
事情がわからないダリにとっては、毎日異常事態の連続なんでしょう。
あまりにも盛大に警戒警報を発令しまくるので、日中は半分以上の時間をハウスで過ごしてもらってるんですが、すなわち余剰エネルギーもたっぷりチャージされるってことで、落ち着いた頃を見計らってハウスから出たとたん、再び警戒警報出しまくり。

さすがにこれではダリもかわいそうだし、職人さんたちにもご近所にも気が引ける。とりわけ先日、愛犬を亡くしたばかりという屋根屋さんの心中を察すると、母も気が気じゃないというし、父は「ダーリーッ!!!」と名前を呼んで叱ってばかりという最悪のパターン(私には、父のこの愚行がいちばんのストレスなんだけど)。

というわけで、本日、ダリを連れ出して、Tさんの事務所近くのドッグランへ。
最近めっきり犬づきあいが悪くなったダリなので、どれだけ楽しめるかイマイチ確信がなかったんですが、けっこう遊んでました。
元気者のボストン・テリアに組み付かれてガウガウ怒ったりもしたけれど、中途半端なボール遊び(投げたボールを取って来た帰りに別の子のボールをブン取りに行く)や、追いかけっこもしてみたりして、ダリなりに楽しんだはず。ってか、楽しんでもらわないと(7キロ強のダリ入りバッグをかついで駅の階段を昇り降りした私の努力を徒労とはいわせんぞ)。

帰りにTさんの事務所(犬禁マンション)に潜入してお茶をいただき、帰りは中野駅まで30分ほどの道を、散歩がわりに一緒に歩きました。さらに西荻駅からの道のりも合わせれば、かなりの距離を歩いたことになるわけで、私は、昨日の取材も重なって、イイ感じで疲れてるんですが…。
ダリは、ゴハン食べたらもうテレビの岡崎朋美選手に向かって吠えまくってるし。
スピードスケートをミズスマシと呼んでヒンシュクを買ったどこかの国の元首相じゃないけれど、ダリにも、あの動きが人間には見えないみたいです。

たぶん明日の警戒警報は、少しだけ控えめになっていると思う。いや、なってもらわなぐでわ。
 
←たまにしか来ないので転校生的な気後れがあるのか、ただオトナになったってことなのか、はたまた単にマイペースなだけなのか、ドッグランでは、子犬の頃ほどむやみやたらに走り回らないし、誰とでも遊ぶわけではなくなったダリ。犬同士の挨拶もそこそこにはできるんだけど、「えーっと、どうしようかにゃ〜」といった様子でうろつく時間もけっこうあった。
←Photo by S.Takei 反応の遅い私のデジカメでも、こんな瞬間をとらえられるのは、さすがTさん。このイタグレくん、ヒョンヒョン駆け回って、みんなと遊びたがる積極派。ダリもけっこう相手になってたよ。


↓本日は、ここ10日ほどでたまった写真をば。

2月5日(日)
仕事部屋の拡張部分がかなりできてきた。

2月5日(日)
左の写真の反対側を向くと…。
エライことになっとります。
2月6日(月)
隣の寝室(妹の部屋)も、広さはそのままですが閉まらなくなったサッシを取り替えてバルコニーを設置の予定。写真は、南側全面を占めていたサッシがなくなって穴になった瞬間。
2月5日(日)
この日、英語教室の振り替えレッスンの帰り、荻窪駅北口の通路にて、行き交う通行人の中、ただの雑居ビルの壁に向かってカメラを構えている人を目撃。そのレンズの先を見てみると、建物の隙間に、ギョッとするほどみごとな日没グラデーションが。なんとなく真冬の夕暮れとは違う色です。
2月11日(土)
午後3時過ぎに散歩に出ても、薄暮のうちに帰れるように。ダリの耳には春の足音が聞こえているはず。

2月11日(土)
そうそう、この日は早くも梅が咲いてました。
Wed.01.02.13 ゾークとか部屋とかチョコとか原田とか

またまたずいぶんと間が開いてしまいましたが、忙しかったわけでもなくて。
ぢつはゾークやってました。PCゲームです。正確には「ゾーク・ネメシス」。
だいぶ前に前作「リターン・トゥ・ゾーク」を数年かけてクリアした後、探してみたもののとっくに書籍でいうところの絶版になっていたので、忘れかけていたんです。
が、先日、漫然と検索してみたら見つけちゃったんですねえ。これが。中古のMac専門店で。
となれば、買っとかないわけにはいかないし、買ったからにはやらないわけにはいかないし、今月を逃がしたらいつできるかわからんし…。
とまぁ、ここ3〜4日ほどハマっておりました。

いや、ホントは山ほど雑用があって、そのために仕事を減らしてもらうという、不景気下のフリーにあるまじき暴挙に及んでいたわけなんだけど、何しろ部屋がエライことになっているもんで、モニターの前しか居場所がないんですのよ、ヲホホ。

で、その部屋ですが、ほぼ完成です(パチパチパチ!)。ほぼ完成なんですが、ただ、ペンキ(ベニヤにオイルステン)と電気工事が残ってる。だから、増築部分にゴミ家具を置くわけにはいかないんですね。まだ。


ともあれ、明けて今日は14日。
前回ご紹介した「限り無き義理の愛」作戦のチョコ、ちゃーんと届いてます。かわいいです。
でも、すでに1袋食べてしまったので、後の5袋の配分に悩んでいます。
1つは、やはり父。もちろんTさんにもとっておくとして。あとの3つ、現場監督のN島さんたちにあげたい気もするし、でも今日は取材だし。
…とかいってないで、早く寝なくちゃなんですが。

↓限り無き義理の愛作戦チョコは3種類のパッケージ。イラクの子供たちが描いたものだそうです。


ところで、さっきお茶を入れるついでに階下でテレビをつけてみたら、そういえばって感じでトリノ五輪。
今、自室のアンテナケーブルがぶったぎってあるし、そもそもモニターも不調だしで、ぜんぜん見ていなかったんですが、なんでしょうね、あれは。
いや、原田選手のことですが。
残念とか、お気の毒とか、そういう感想もあるにはあるんですが、ある意味スゴイではありませんか?
リレハンメルで「まさか」の失速。長野でも失敗ジャンプの後に「まさか」の大ジャンプ。そしてトリノで「まさか」の失格。
はっきりいって今回の結末はあまりにもマヌケ無念とは思います。
思いますが、しかし、彼の、このマサカっぷりは、一種、爽快かもしれないと思うのは私だけでしょうか?

残る見どころは、やっぱり女子フィギュアかな。
ミシェル・クワン選手(彼女も前回の五輪で「まさか」の尻モチついてましたね)を密かに応援していたりもします。


写真もいろいろあるんですが、また後日!
Sun.05.02.06 情報いろいろ

先週の金曜日、私の仕事部屋は、ついに増築部分との仕切りとなっていた古いサッシが取り除かれて、広くなりました(画像は後日)。
が、天井や壁はまだ仕上がっていないため、やたら寒いです。広くなった分だけエアコンの効きも悪いし。
かといって、非常時用のオイルヒーターを使えば、ブレーカーが落ちること必至だし。
なので、ただ今ホカロン2個貼り付けて更新中。

この数日で、ここに書きたい情報をいろいろいただいたもので、寒いとか、それより少しでも部屋を片付けなくちゃとか、確定申告するつもりあるのかゴルァとか言ってる場合じゃなくなってきたもので。


★情報その1
まうにゃさんのブログで、ナイスな企画を教えていただきました。
「限り無き義理の愛作戦」
義理チョコを贈ってイラクの子供たちを支援しようというプロジェクトです。
じつは私、先週の木曜日にTさん事務所で開催されたNくんとの企画会議にチョコレートケーキの差し入れをしたので、今年の義理チョコはそれでヨシとしたつもりだったんですが、にゃんと、14日には取材の予定があったりして。それに一応父にもあげた方がいいだろうし(実際には母と私で半分以上を消費するけど)。
というわけで、明日、郵便局に行って来ようと思ってます。
何よりタイトルがいいじゃないすか、「限り無き義理の愛」って。
深刻な事態でも、いや、むしろだからこそ、ボランティアにもユーモアが欲しいよね。

あ、ただし、14日前後に私と遭遇するかもしれない男性の皆様、万が一、私の顔に吹き出物が出ていたら、今年の「限り無き義理と愛」は、わたくし自身(とイラクの子供たち)に使い果たされたということですので、あらかじめご了承ください。


★情報その2
本日昼過ぎ、もう何年も前に、とあるお仕事で1度だけご一緒した事務所のディレクターさんからメールをいただきました。
その内容とご紹介文があまりにも誘惑的なので、ここでご紹介しちゃいましょう!

---------以下引用(太字は私の独断)---------
この度、2月の10(金)、11(土)、12(日)に
私が脚本を書いた芝居を上演いたします。
オムニバス3話構成のうちの1話です。タイトルは男道(おとこみち)
演じるのは、劇団ではなく、男性モデルたちのユニットです。
場所は、新宿西口ある「SPACE107」。
まずは、下記のURLをクリックしてみてください。
http://takeru-pb4.cool.ne.jp/

カッコイイだけが取り得の、平均身長180センチの男たちが、
己のセクシーさを、出し惜しみせず、全開で大サービスいたします。

コンセプトは
「ヨン様でもない、ジャニーズでもない、そんなあなたへ」
です。
ご観劇いただければ、眼の保養はもちろん、
心の潤い、そしてホルモンバランスの改善に効果絶大です
---------以上引用---------

カッコイイだけが取り得…それ以外に何がございましょう?
セクシーさ全開で大サービス…ますますけっこうじゃございませんこと?
ええ、ええ、確かにヨン様でもジャニーズでもありませんわよ、わたくし。
しかし、先送り事項満載の身としては、とてもじゃないですがこのような眼福に浴しておりますとバチが当たりますので、ホルモンバランスについては現状維持に甘んじる所存です。
ともあれ、この週末、新宿西口方面においでの方は、美容と健康のためにも、ぜひぜひ!
上記URLの『変−CHANGE』の部分が、その舞台です。


★情報その3
うししし。ひさびさにゲストさんの登場ですよ↓
九州は阿蘇の大自然の中で、たくましく成長中のジャック・ラッセル・テリア。
その名も鉄三郎くんです!
ほおずりしたくなるほどプリプリプリティなお腹は、上記の男性モデルに負けず劣らずセクシーさ全開!
mineさんのブログにも罪つくりな写真満載です。
今夜のゲスト★鉄三郎(てつさぶろう)くん
プロフィール:ジャック・ラッセル・テリア・♂・もうすぐ5カ月
ご紹介者:mineさん
【mineさんからのコメント】
今年になって散歩デビューしましたが、まだまだリード引っ張っています。
先日は逃走劇を繰り広げ、ダリちゃんの冒険を思い出しました。
週末にはよく広大な阿蘇の景色を楽しみつつドライブ&ドッグランを楽しんでいます。
ご飯時のジャンプ癖を治したい今日この頃。
九州の田舎でのびのびと育っている様子を下記ブログにて公開中です。
お時間がありましたら見てやってくださいませ・・・
http://tetsusaburo.seesaa.net/
ウッキーッ(Tさんがカワイイ何かに出会った時に発する音声)!
これですよ、このお腹! このアンヨ!
噛みつきたくなるほどかわいいですが、ま、ダリの経験からすると、噛みつくより先に咬まれますね。
このラブラブラブリーなちびっこ鉄くん、JRTの名に恥じず、逃走劇やらカイロ用カバー噛みちぎり事件やらを繰り広げ、充実した子犬時代を過していらっしゃる模様です。
これからの活躍も楽しみですね。
ダリからも一言「自分のベッドもいいけど、噛み心地は、なんたって飼い主の毛布がサイコーだぜ」。
Wed.01.02.06 バイバイ!

お久しぶりです。見捨てずにいてくださった皆様。
あれからいくつもの〆切り予定日をなぎ倒し、本日に至る…と思ったら、もう2月。
雪が降ったりもしましたね。


先週の木曜日のことなんですが、じつは、英語教室のJ先生、最後の授業でした。
一度イングランドに帰省してから、また東京に戻り、別の職場で働くのだとか。
その話は去年から聞いていたので、さすがに最後の授業をキャンセルするわけにもいかず、修羅場を抜け出して行って来ました。

まぁ、最後の授業といっても、普段どおり雑談半分に粛々とすすむわけですが…。
いよいよ授業終了時間になったとき、机を挟んでお互い顔を見合わせ、一瞬の間。
「え〜と、ここは何かそれらしい言葉を発するべき場面なんだろうか?」と思いかけたそのとき、先生がお言葉をかけてくださったんです。

「……バイバイ!」
「………あ、バ、バイバイ…」
「オモシロカッタ!」
「あ、そ、そう…ヨカッタ」
(以上すべて文字通りの日本語)

オモシロカッタって、それは私のセリフのような気がするんですが。
まぁ、楽しんでいただけたようで、何よりでした。

明日は、さっそく新しい先生の初授業。どんな先生か、お楽しみです。
←初公開。小柄なJ先生とモデル体型のわたくし(ウソ)。


1月21日
東京でも大雪(って、たかだか10cm程度ですが)。狭くてゴチャゴチャなわが家の庭も、雪に覆われるとそれなりの風情があります。

1月21日
雪を見てすっかりテンションが上がり「出せやゴルァ〜」とおおせのダリ様。

1月21日
何をしに出たいかと言うと「犬は喜び庭駆け回る」を実演するわけです。

1月21日
門の外に出てみました。
ご近所の家の前に雪だるまがあったので、借景。

1月21日
3ブロックほど先まで行ってみました。
「うりゃ、とっとと歩かんかい」と振り向くダリ。
日頃の練習はどこへやら。

1月22日
次の日、散歩道の雪はほとんど溶けてしまい、ちょとガッカリ。

1月21日
大雪の日も、N山さんは黙々と作業。

1月27日
先週から、いよいよ2階部分の工事がスタート。屋根や外壁の修理のついでに、私の部屋をちょっぴり広げてもらいます。

1月28日
庭に面した部分を3畳分広げてもらうんですが、現状の窓を先に壊すと寒くて仕事どころではないので、窓は温存したまま向こう側で作業を進めてくれています。
>To Page Top ページトップへ戻る