Wed.31.08.05 夏みそか!

とうとう8月31日じゃあありませんか!。
ただひたすら忙しかったことしか思い出せない7月と、暑かったことしか覚えていない8月。
8月上旬に一区切りついて以来、ほとんど記憶に残るようなこともせずに夏が終わりそうです。

やっぱり思いきってバリ島にでも行っておくべきだったか…と、後悔しはじめた今日この頃、早くも2006年度の仕事の連絡が。

ここはひとつ、行く夏を惜しんで(いや、あんまり惜しくないけど)、絵日記をさかのぼってまとめ書きした小学生時代を思い出し、たまった写真を並べてみましょう。


←これは6月に『ジョージ』の取材をした時、ダリのお土産に買った“テニステイル”。犬ゴコロを刺激するシッポが生えたちっこいテニスボールです。去年、芦屋のジョージでコレの別バージョンを買ってみたら、ダリ狂喜。確か1,000円前後したと思うんだが、数日ですっかり解体なさってくれた。激しく迷いながらも、今年も買ってしまったのだが…やはり数十分でシッポ部分を切り離してくれましたね。
左・使用前。野生動物じみたこのシッポがたまらんのね。
右・使用中。うっとりした目で獲物解体中。
←この夏、私を支えたドリンクたち。以前から参った時はユンケルと決めていたのだが、今年は眠眠打破にも手を出し、さらにチョコラBBの「つらい疲れに」の一文に救いを求めるに至る。セールスコピーって、やっぱり大切なんですね。
←7月30日、ロンドンから帰省したみどりちゃんと会った日に遭遇した『新宿エイサー祭り』。なかなかどうして盛大で、太鼓の響きも気持ちよかったんですが、いかんせん人大杉&蒸し暑杉。秋にやるわけにはいかないですかね?
←みどりちゃんと会った日の帰りだったか、西荻の空き地で見つけた木の実。ほうずきかとも思ったけど、よく考えたらぜんぜん形が違うかも。金網のフェンスに生い茂ったつる性の植物です。
ダリの散歩ルートにあるこの空き地は、ついこの間まで西荻の住宅地にしてはかなり広い庭に草花が植えられて、その片隅にこぢんまりとした古い平家のある素敵な場所だった。私は勝手に「お花畑の家」と名付けていたのだけれど、半年程前、おそらく持ち主のおばあちゃんが亡くなったのだろう。ある日突然、昭和の味わい濃厚だった家が取り壊されていた。
一見、人の手が入っていない雑草地のようで、春はパンジー、夏はひまわり、秋はコスモスと、季節の花がまるで自生しているように咲く、なんとも趣のある庭だった。フェンスぎわの片隅には、ちょっと摩訶不思議な、こびとや風車のオーナメントが置かれていたっけ。
仕事に追われて、ここを通る機会もなかった初夏から夏の間に、すっかり本当の雑草地になってしまっていた。この秋は、コスモスの間におばあちゃんの姿を垣間見ることも、もうないんだね。
Thu.25.08.05 台風の日にヤフー!

なんとまぁ、10日ものサボリ。別に忙しかったわけではなくて、ただただダラけておりました。
さすがにダラけすぎたか、先週出した請求書の金額が間違っているとの連絡をもらって、いささかショックです。
いや、思っていたほどもらえないというんじゃないんですよ。その逆で、私の書いた金額が「少なめに書かれていたので…」とのこと。
「あのぅ…税引き前の金額は合っているんですが、最終的な合計金額が…」
って、あれですか? 引き算が間違ってたと? 私は引き算すらもできなくなっていると?

_| ̄|○....エライスンマセン


そんなわけで、危険水域までダラけていたここ10日間です(にもかかわらず、ちゃんと休んだ気がしないのはなぜだろう)。
仕事いくらかとダリの散歩と昼寝以外にやっていたことと言えば、数日前からヤフオクで『リバーダンス』のチケットを入手すべく虎視眈々と狙っていたことですかね。
両親が何度か見て気に入っているんです。が、今年来日していたことに気付いたのがつい先週。チケットはすでに5月頃から売り出されていたようで、案の定S席は売り切れだったわけです。
せめてもの親孝行のつもりで、割高でしたが今晩無事に落札しましたよ。最後はかなり意地になってたかも。

Macに関しても10日前に「もっとPowere Mac G4と仲良くしよう!」と決意だけして凍結。写真もあれこれ溜っているんですが、ついさっきようやくPowere Mac G4にPhotoshopを入れたばかりなもんで。まずは、1カ月半も前の姿ではありますが、子猫たちの激写スナップをアップいたしましょう。

→薄暗い未明の庭でやっとこ写したスナップです。しかも人間のぬくもりを知らない子たちなので、警戒心ピリピリ。茂みの奥から出てくるのを待つ間に、蚊にもたっぷり食料支援いたしました。

今夜のように台風の日はどうしているんだろうね。
Mon.15.08.05 虎と豹と帆立貝と

格闘中…ってほどのことでもないんですが、相手はTigerです。Pantherより手強いですよ。
iBook G4を手に入れてしまったからには、いよいよ最新のOSィ…タイガーを使わないわけにはいかなくなってきました。

ちょうど1年前に買ったPowere Mac G4にすらいまだにアプリケーションも入れず今日までホタテiBookがメイン機で、しかもPowere Mac G4にインストールされていた初代OSィすなわちパンサーを完全無視して、OS9で起動し続けている私ですが、そろそろ年貢の納め時…いや、OSィに親しむ好機かと、ね。

せっかく念願の、白くてツルツルな杏仁豆腐iBookを買ったことだし、先日ようやくネットワークブラウザの使い方もわかりかけてきたことだし、この際だから総勢4台のMacを美しく(いや見た目は結線グチャグチャ)LAN接続して、ホタテ→虎iBookのファイル転送なんかも軽々とやってのけて、乗り換えも楽勝さ!

…と思っていたら、思わぬ落とし穴が。

虎iBookはホタテiBookにアクセスできないんです。つまり虎のやつはですね、Apple TalkやApple Shareをサポートしていないんだとか。

お〜い! スティーブ呼んでこいやゴルァ!!

…と毒づきつつも、こうなってくると「パンサーっていいやつじゃん」って気がしてくるんです。だってちゃんとOS9で起動できて、0S8.0という古さのPower Mac8100とだってすんなり接続できるし。
(タイガーもClassic環境(OS9)という設定はいちおうできることになってますが、起動もデスクトップもあくまで虎)

そういうわけで、ここに来てようやくPowere Mac G4をちゃんと使わねば、という気になって、まずはこのページを更新してます。

あ、それからタイガーの文句ばっかり言ってますが、やっぱり白いiBookは美しいですね。
キータッチがかなり気持ちいいです。


ところで子猫たちですが、一昨日、だいぶん大きくなった姿を見せてくれました。私が目撃できたのはシロちゃんだけでしたが、元気そうです。
Fri.12.08.05 やゃっ!

…もう12日ですか。早いですね。
ようやく昨日の夕方になって脚が治ってきたので、日が暮れる前に久々に部屋に掃除機をかけました。
わずかに露出している床の部分だけね。
でもってお仕事メールして、請求書を2件書き上げたらもう朝方。
ある意味スローライフです。

しっかし、どうやって片付けたらいいんだか、判断のつきかねる無数の紙類が滞積した部屋を見渡すとイヤになるので、すぐパソコンに向かってしまう。でもって、パソコンに向かったら向かったで、今度は新iBookをいまだに立ち上げていないこと、旧PowerMacやこのホタテ(いまだにこれがメイン機)の中身を移植しなくちゃならんこと、でもアプリケーションが入っていなくちゃ話にならんでしょってこと…、ま、いろいろ思い出すので、ついついネットしてしまう。

で、いきなり変な買い物しちゃいましたよ。
←これ
★原産国インドでは「ミラクルニーム」と呼ばれ現地に絶大な恩恵をもたらしている。
★医者の居ない地域では「村の薬局」として重宝されている。
★使えないところがない!といわれるほど、木のすべてにいろいろなパワーがある。
★ニームの葉は、バッタ・蚊・ハエ・ゴキブリ・シロアリ・アブラムシ・ハダニなどなど200種類以上の害虫に防虫パワーがある。
★また、種子・樹液や樹皮には殺菌消毒、抗ウイルス作用、解熱などさまざまな使い道がある。
★実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されている。

…んだそうです。
こういうのって効き目あるのかどうか、ちょっと怪しげなところが魅力だったりするんだけど。ま、ひとつ台所に置いてみようかと思って。
ちなみに世話は母に頼ることになるでしょう。私は植物虐待(ネグレクト…つまりほったらかしで枯らしちゃった)の前科がありますので。


世話といえば、庭で遊んでいた秘密の子猫たちです。あれから私が修羅場に入って食料支援を放棄していた間に、いつのまにか気配がなくなってしまいました。かなり心が痛んでます。
きっと、私に見切りをつけて、もっと当てになる支援者を探しに移住するしかなかったんだろうね。良い落ち着き先が見つかっただろうか…。

そんなこんなでもう半月ほど、声も姿もなかったんですが…。

今朝方、3時頃だったか、シャワーを浴びていたら、窓の外でガタッと音が。わが家の浴室の窓は、目の前が裏のお宅の庭先で、音が聞こえたのは明らかにこの庭の、しかもすぐこちら側。一瞬、「裏の家に泥棒?」とも思いましたよ。
そして、網戸だけの窓の向こうの真っ暗闇から、いきなり小さな顔が浮かびあがった時は、さすがにビビリました。

ところが、よく見れば、それ、猫の顔だったんです。

草木も眠る丑三つ時、夜闇にほの青く光る2つの目に凝視される…こっちは全裸で…という状況は、相手が猫でもけっこう恐いです。

が、さらに目を凝らすと、どうも見たような人相というかニャン相ではありませんか。子猫たちのママ猫に似ている。いや、そうに違いない。じゃなければ、なんで赤の他猫が朝の3時に私の入浴シーンをマジマジと覗くかな?
「あんたママ猫だよねぇ? ちびたちは元気なの?」とかなんとか、私がゴシゴシ体を洗いながら話しかける間、その猫はしばらくそこにいて、また闇に消えてしまいました。

シャワーの後、まだ部屋に残っていたカリカリを、庭の茂みの影のいつもの容器に入れておいたんだけど…。食べてくれたかな?

今晩は、雷ゴロゴロ、雨ザァザァの空模様です。こんな時、あの猫たちはどこにいるんでしょうね。
ってか、PCの電源、落とした方がいいのかな?

Wed.10.08.05 やっと時間ができたのに…

…2日間はほとんどグッタリ寝てました(いまだ仕事がらみの夢にうなされつつ)。
で、今日あたりから、たまりにたまった諸々にとりかかろうと思っていたんですがね。
あ? なんじゃこれ?
脚が痛いんですよ。正確にいうと両足の腿の裏側が疼くように痛い。
激しい痛みじゃないんだけれど、筋肉だか筋がピリリリって感じで、座っても寝ても痛いし、トイレに座るのもちょっと決心がいる。

ひと息つく間も与えずに今日も仕事話で電話をくれたTさんにその旨話したら、「神経痛じゃないの?」。
んなことあるかいっ! ないよね? いや、あるかも? 
うちの一族には、父方にも母方にも神経痛持ちがいないので、どういうものだかわからないんだけど、言われてみれば、まさに「神経」の「痛み」って感じの痛さだし。

いずれにしても原因は「冷え」に違いないのだよ。ワトソンくん。
ずっとキャミソール&短パンでクーラーにあたっていたせいですよ。
というわけで、薄手のスエットパンツをはいて今日、もう1日ゴロゴロしてたら(仕事も1コ済ませましたがね)、痛みが和らいできました。

明日こそ復活して、人間らしい暮らしをしたいと思います。

Sat.06.08.05 渋谷ってとこは…

…どうも好きになれません。昔はそれほど苦手でもなかったんだけど。
このところ久々に渋谷へ足繁く出かけるようになって、もう参ってます。ただでさえ暑苦しいのに、人大杉! いや、私もその多すぎな人間のひとりなんだが。ただ多いだけなら新宿だって多いんだが、どうにも歩きにくいんですわ。渋谷は。

いや、この際はっきり言おう。
前見て歩けよ! ゴルァ!!
携帯でメールしながら歩くニイちゃんネエちゃん、あんたらのことだよ!

まぁ、きっとね、夏休みで都内各所や地方から遊びに来てるんだとは思うよ。
でもって、確かに渋谷はビジネス街じゃあない。
むしろ、そんなキミたちの財布を狙ってる店ばかりだよ。
もう、競い合って生ゴミの残り香と、ヒップホップだかテクノだかの大騒音をまき散らしてるしね。

でもさ、あくせく働いてる人間もいるのさ。
頼むから、前からゆでだこ状態のおばさんが必死で歩いてきたら、気づいてよ。そっちがよけろとまでは言わないからさ。
せめて人込みの中を歩いてるってことくらい気づこうよ。

…って、最後はなんだか弱気ですが。

まぁ、ブーたれながらも、仕事Aの終焉が近くなり、今日は久々に明るいうちに帰途につけたので、何だかんだ言いつつ、ニイちゃんネエちゃんたちに混じって寄ってみました。
本日オープンのアップルストア渋谷店(午後5時をまわってなお、入店には要行列)。

いや、新iBookを買ったばかりの身で、これ以上何を見にってわけでもないんですがね(でもWacomのワイヤレスペンタブレットは魅力だ)。
確かに、ひょっとしてスクラッチカードなんかが残っていて、ひょっとしてひょっとしたら、Power BookG4なんかが当たらないとも限らないし…なんて欲深い妄想も脳裏をよぎらなかったとも言い切れなかったりもするんですがね。

じつは、ちょっと聞いてみたかったんです。
『オールインワン型のコンシューマ向けノート型コンピュータの中でも最軽量級ってふれ込みは、ホントにホントなのか?って。

だって、意外に重いんですよ。バッテリー入れた状態だと。
で、店員さんに直撃してみました。
すると「ではお試しになってください」とさっそくiBook&Power BookG4が美しく並んだディスプレイテーブルに誘導され、「どうぞ」と。
ええ、持ってみましたよ。そして、やっぱりPower Bookの方が軽かった。
その旨告げると「ええ、100gほどPower Bookの方が軽いんです」と。
なぁんだ! 最初から言ってよ!

いや、もちろんiBookには満足してますよ。
なんたって、めくるめくコストパフォーマンスですから(まだ電源入れてないけど)。ただ、私にとっては最重要スペックである「軽さ」を納得したかっただけで。
でも、100g程度の差なら大満足。お値段の差は約6万円ですから。

そんなわけで、「100g」と聞いたとたんに「ふ〜ん」とうなづきながらフラフラ〜っと立ち去った変な客のことは気にしないでください→アップルストアのお兄さん。

あ、ちなみにスクラッチカードはギリギリで残っていて、「iTunes Music Storeから1曲無料ダウンロード」が当たりました。何をダウンロードしよう?

Fri.05.08.05 残暑お見舞い…

…申し上げますけど、まだこれといって夏らしい気分すら味わっていません。
ただただ暑がる以外はね。

ええ、まだ仕事Aが終わらないんですわ。

と、暗くなっていてもしょうがないので、合間をぬって、たまたまポッカリ空いた先週の土曜日に、冷涼なロンドンから蒸し風呂状態の東京へ帰って来ているみどりちゃんと会いました。
待ち合わせは、森住卓さんの写真展会場(…って、ちょっと不謹慎ですかね。いや、ちゃんと見ましたよ、写真も)。

とりあえずランチにと、歌舞伎町のとんかつ茶漬けを食べにムシムシベタベタな新宿の街へ。
ほんとうは私としては、こういう亜熱帯な季節はタイ料理だぜ!とも思っていたんですがね。タイ料理ならロンドンにも美味しいところがあるわけで、日本でしか食べられないものを食べたかったんですね、みどりちゃんは。

しかし、このとんかつ茶漬けなるもの、みどりちゃんは「ヘンなもんだけど、美味しいのよ〜」と、20年近く前、友だちに誘われて初めて食べたそうですが、まさにその通り。
ヘンなもんだけど、意外に美味しいかも。
ただですね、肝心のとんかつが、さぼてんにおける一口ヒレカツ1個分ってところが、あたくしご不満でございました。

で、まぁ、食べ終わって「今度はお茶でもするべぇ」と、ダラダラと新宿通りに出てみれば、そこはただならぬ人だかり。奇しくも新宿エイサー祭りのまっただ中に迷いこんだ我々でございました。
太鼓や三線の心地よいリズムに引き寄せられて、しばし人垣の合間から、酷暑にもめげず威勢よく舞い踊るエイサー人を打ち眺め、しかしながら暑さと人込みには勝てず、さらにブラブラダラダラと歩いて、西口の京王プラザホテル40階のティールームに落ち着きました。
ちょっとお値段高いけど、オトナなんだしね。

どんより曇ってはいたものの絶景の窓際テーブルで、だらら〜んと過ごしたひとときは、いい休息になりましたよ。だって次の日は…。

はい、そうでした。翌日の日曜日は某出版社に朝から深夜12時まで。以後昨夜まで再びあくせくしておりました。明日もね。

ただ、火曜日だけは、これまた寄寓にも手が空いたおかげで、Tさんのつてで取り置いてもらっていた新しいiBookを迎えに行くことができたんです。
ビッグカメラの担当者くんいわく、各所で品薄だそうで。えへへ! うしし!
ホントはTさんの奥様が購入予定だったものが、急きょ不要になり、前々から、そろそろホタテiBookの後継者が欲しいと思っていた私が、渡りに船と、ゆずっていただいたわけです(奥様ありがとう!)。うしししし!
相当早いし、小さいし、USBポート2つだし、ブルートゥース内蔵だし…って、まだ一度も電源入れてないんだけどね。

一緒に買ったぴったりサイズのインナーケースに入れてダリに見せたら、狂喜してました。
あんまり興味津々なので「ちょっとだけだよ」と床に置いて見せたら、くわえて運ぼうとしてたっけ。

というわけで、私の新iBookは、犬的モバイラビリティーも検証済みです。

>To Page Top ページトップへ戻る