Thu.28.07.05 守護天使と試練

まだなんですよ。まだ終わらない。仕事Aが。
一度は危機を乗り越えたんですがね。
それだって、Nくんと奥様、Oくんの助けがなかったら、絶対に無理でした。
もちろんTさんの助言(と苦言)にも助けられたし。
それに、快く救いの手を差し伸べてくれたAさんとMさんにも、感謝感謝です!!

あなたたちは私の守護天使だ!

それにしても某社編集部とその関係者には大迷惑おかけしました。
大反省。
どうすれば良かったのか、今にしてみれば、わかる。
とっとと白旗あげるべきだったってね。
もしくは最初から敵前逃亡すべきだったってね。

しかしね、一度は乗り越えたつもりだった苦境だけど、まだ、あるのさ。
最後の試練が!!
決戦は今度の日曜日。
そして、たぶん木曜日が最後の修羅場。

うぅぅぅぅ。

しかも先ほど、0時をまわったところで仕事Bの修正要求ファックスが。
はい、やりますよ。
で、明日は仕事Cの打ち合わせですから。
はい、行きますよ。

そんなこんなで、来週、新しいiBook買うことにしました(ちっこい方ね、もちろん)。


それはさておき、こんな鬱々とした日々の中、ゴキゲンなメールも!
Mシュナウツァーのジャックくんが、久々にゲストとして来てくれました!
さながら一服の正露丸…もとい清涼剤。
いや〜、じつにいいお話です↓ ぷぷぷのぷ。
今夜のゲスト★ジャックくん
プロフィール:Mシュナウツァー・♂・1歳
ご紹介者:SABOURIさん
ジャックくんってば、お腹を壊しちゃったそうです。
SABOURIさんによると-----
最近ジャックは、あまりの暑さと疲れと大好きなクーラーの下でお昼寝をしすぎたせいか、ついにお腹を壊しました!!!!!
それで獣医さんに行った所、なんと正露丸と腹巻をしなさいと言われて飲ますのに格闘と乱闘の上大騒ぎで、家中黒くて丸い物体がゴロゴロ転がっていて悪臭が立ち込めていると思ったら正露丸が廊下に散らばっててめちゃくちゃなんです。あげくの果てに夜中に×3のトイレ、それも4日間…。
飼い主もついにお腹をこわしました(☆o☆)
当の本犬は今は治って平然とZZzz.....で、餌も朝から並盛りパン乗せで、それもペロリで、そのおまけに試験勉強用のノート・プリントをビリビリ〜にして毎日を過ごしている半人間犬?ならぬ犬です・・・・・笑!・・・汗?
-----腹巻き…腹巻きですか!? で、正露丸と。それ、獣医さんですよね? 人間のお医者さんじゃなくて? うぅ、かわいすぎるじゃないですか! 治って良かったのではありますが、腹巻きしているところをぜひ見てみたかったです。

正露丸を断固拒否して家中にばらまいたという
ジャックくん。またひとつ伝説(?)を作った
のだ!
このあどけない瞳と、ぬいぐるみみたいな足にヤラレちゃうんですよね。
Fri.15.07.05 ギリギリ祭りだ

ワッショイ、もといワッショイ。
あっちからもこっちからも、「まだですか」「いつになる」「間に合わない」「困ります」と。
1つだけならギリギリも、ときにはスリルかもしれないが、3つもあるとね。
ま、先月は4つだったんだけど。
先月末でようやく3つになって、さっき2つになったところ。
と同時に、他のギリギリ度がアップしたわけ。こうしてる間にもね。

さぁ、これからが最大の修羅場だよ。

Fri.08.07.05 ロンドン

あれからずっと某社様のお仕事で缶詰まってました。
諸々難航して遅れに遅れているんですが、夕べからついにオゲゲ勃発。吐くほどではないものの、右、左、また右の順で目の奥から側頭部がズキズキ。首、肩、背中がズ〜ンと凝り固まってしまいました。
…ので、相変わらずギリギリな状況にもかかわらず、昨夜と本日日中はグッタリ休業。
すんません。ってか、後で泣きを見るのはアンタなんだよ→自分。
はぁ〜。
でもね、誰のせいでもない。引き受けたアンタのせいなんだよ→自分。

…と、不毛な独り言はこのへんにして。

ロンドンですよ。
ひどいことになってしまいました。
ロンドン住民のみどりちゃん一家が心配で彼女の日記ページをのぞいたら、向こうの時間で7日に更新されていたので一安心。

悪いけど、ブレアのせいだと思うよ。そもそもはブッシュとネオコン仲間たちの。

ロンドン警視庁が捜査してるっていうけど、まだ地下鉄の中には人が残ってるとも聞くし。人命救助、ダイジョブなのか?

ここで政治的な話を書くつもりも、その能力も私にはないんだけど、なんだかね。
G8の議題が「アフリカ支援」と「地球温暖化」って、ブッシュにはうれしくないテーマで、ドイツやフランスあたりと対立してもめること必至だったところに、アルカイーダあるよ。
でもって、反テロでみんな仲良く一致団結って。ね。なんだかね。
 

明るい話題がないので、今夜もまた沖縄写真です。
←ダリと働く仲間たち・その2。
沖縄本島北部、カヌチャリゾートの取材で泊まった犬OKのお部屋での、深夜のひとときです。手前でカメラを構えているのがTさん、床に伸びて目を光らせているのがダリ。向こうのカウンターでお仕事中なのがNくん。
ワシらの仕事は、「いろんな所に行けて良いわね」なんて、羨まれるというか慰められることもあるんですが、やっぱりリゾートにはバカンスで行くべきですね。行ったことないけど。
でも、ロケはキライじゃありません。大変だけど、予想外のことが起こったりして面白いし。

沖縄ロケの成果は、今月20日(だったと思う)発売の誠文堂新光社『わが家の犬さがし2006』の綴じ込み付録、『Driving with DOGS』に再録してあります。
…って、さりげなく宣伝。


話は変わってまた子猫たちですが、ますます3匹とも元気みたいです。
うちの庭の、枯れて枝を切り落とされた梅の木と、柿の老木で木登りするのが、最近のお気に入りです。
私からの食料支援は1日おきなのにも関わらず、子猫たちはどんどん大きくなるし、いつも元気いっぱいだなぁ…と思っていたら、今日、父が庭で鳥の羽を発見したとか。どうやらママ猫が鳥を捕っているようです。おかあさん、大変だね。
Sat.02.07.05 強制終了

仕事が1コ、手を離れました。要するに、印刷所に入ったので強制終了。
まつがいがあるんじゃないかとか、修正モレがないかとか、
今さら心配しても、もはや手の届かないところへ行ってしまったわけです。
発売日に会おうぜ!

で、ホッとする間もなく、さ、次!

まだまだお仕事週間が続きそうなので、今日もまた沖縄写真でリゾートロケを反すうすることにします。
←ダリと働く仲間たち。
北谷のアメリカンビレッジでの撮影風景。左がフォトグラファーTさん、真ん中が編集のNくん、そして言うまでもなく右がダリ。
Tさんいわく、「ダリは最近、自分の仕事がわかってきたみたい」だそうで。
つまりこれは、おのおのがプロ意識を持って職務を全うせんとする、労働者たちの姿なわけです。

しかし、いくらダリが「わかってきた」といっても、このロングリードを放す気にはなりませんね、私は。


ところで、子猫たちは3匹とも順調に育ってますよ。
これはもう2週間以上も前の写真。今ではまたひとまわりほど大きくなって、今日も庭をチョロチョロ。
その姿や声に気づくたび、家の中ではダリが盛大にわめいてます。
撮影は6月12日。
トラと白、そして黒白ソックスと、みごとに産み分けたママ猫と、その子供たち。
2階の窓からむりやり撮ったのでボケボケですが(デジカメは光学ズーム付にすべきだったか…)、わが家の物置き前のココがお気に入りの場所のようです。梅雨の晴れ間に、よくこうしておっぱいをあげたり、親子でお昼寝していました。
Thu.01.07.05 まだまだ

死んでたわけではありません。
ご無沙汰でございます。

とうとう7月になっちゃいましたね。
もう何も言いますまい。
とにかく毎日ギリギリです。これまでも、これからも。

今まで「自分にごほうび」なる発想が私にはわからなかったし、正直、ちょっと気持ち悪いと思ってました。
今もわからないんですが、
くっそぉぉぉ〜。リゾートとか行きたいぜっ!

こんな感じでしょうか。私の場合。

…まぁ、行ったと言えば、4月に行ったばかりなんですがね。
←こんな感じで。

はい、もう解禁しちゃいますよ。
私、ちょっとグレてますから。
それにしても、これはイケマセン。禁断の写真です。

1)犬をベッドに上げてはイケマセン。
2)犬を人より高い位置に上げてはイケマセン。

あっちこっちでエラそうに書いてますがね、私も。
長年の相棒と愛犬がこの体たらくですから。
いや、シマシマのズボンのことじゃありませんよ(これで外を歩くんですよ、この人は)。
なぜだかダリは大好きなんですけどね、Tさんが。

>To Page Top ページトップへ戻る