Thu.28.04.05 ワンピース

本日は夕方からチョコっと吉祥寺に行ってきた。何を隠そう、ブリティッシュ・フェミニンスタイルの総本山、ローラ・アシュレイのショップに行ってきたのだ。

じつは最近、わが家では私に服を買ってくれることが流行っている。
どういうことかというと、先々週のロケに備えて事前にTさんから「キミも一部が(ダリの背景として)写るんだからワンピースか何か少しはマシな服を着るように」とのお達しが出ていたのだ。
それとなしにその旨を両親の前で漏らしたら、「じゃあパパが1つ買ってやろう」ということになった。で、エディバの通販でゲットした、私にはもったいないような花柄のワンピースとおまけにカーディガンの分もお金を出してもらっちゃったのだ。ありがとうパパ!

これに触発されたのか、どういうわけか母もまた私にワンピースを買い与えたい気分になったらしく、一昨日、ローラ・アシュレイでワンピースを買ってきてくれた。これもまた私には過分なくらい上品な一着。ただ、ちょっぴり大きめだったので、今日、私が出向いて、ひとつ下のサイズに取り替えてきたというわけ。だいたいTさんによれば乙女チック成分が激しく不足しているらしい私のような者に、ローラ・アシュレイを着る資格があるのか、はなはだ自信がないんだが。なにはともあれ、ママありがとう!

いや、まことにありがたい。
と同時に、いい齢をして年金生活の親に服を買ってもらうというのはどうよ?とも思う。そして、それ以上に、日々、高校時代のスカートだのほつれかけたセーターだの、その辺に転がっているものを適当にまとっただけの格好で、いつ起きているんだか寝てるんだかわからないボサボサの頭でウロウロしながら、着々とおかしな犬おばさんになってゆく娘が、ふたりには見るに耐えなかったのかもしれないと、いささか反省。

1日には久々に妹が帰ってくる。大企業でキャリアウーマンしている彼女は、ブランドなどにはまるで無関心だが、さすがに何でもスマートに着こなしている。姉の私が言うのもなんだが、かなりカッコイイ。
頼んだぞ、妹よ。どうかいつまでも、私の分までおしゃれでいておくれ。
いや、何もワンピースを買ってくれとはいわないからさ。あ、いやいや、別に買ってくれてもいいんだけどさ。ブームだしね。

Wed.27.04.05 オトナにならない犬たち

今夜の夕げの席で話題になったのは、ダリのマブだちジャックくん(先日のゲストさんではなくご近所のフォックス・テリアの方ね←)。
日中、飼い主の奥さんに遭遇した母が聞いたところによると、今日、ジャックくんは新聞を食ったそうだ。で、それに気づいた家族がやめさせようとしたところ、新聞が挟まったせいか何かで、口が開かなくなってしまった

いや、ジャック本犬が、賞味中の新聞を取られまいと歯を食いしばったのではないという。吠えようにも噛みつこうにも、どうにもこうにも、口を開けられなくなっちまったらしい。
あわてて近所の動物病院にかけこみ、こじ開けてもらったそうだ。
(家族からは「静かで良かったかも」との非情な発言もあったとか)。
その後、夕方の散歩でジャックくんに遭遇した父が「口はもう開くの?」と聞いた時点では、すっかり元通りだったという。

しかしね、ジャックくんはダリとタメ齢なんだよね。
退屈しちゃうのはわかるけどさ。新聞、美味しいかな? せめてシュレッダーごっこくらいにしておきなよ。

ま、そんなジャックくんの災難が話題をさらった夕げの食卓の下では、ダリが父の薬の飲みカスのプラスティック片をバリバリクチャクチャやってたりするんだけどね。

あんたたちはいったい…

_| ̄|○

Tue.26.04.05 追い込み

…って、なんか浪花金融道で読んだ取り立て屋用語みたい。
いや、つまりその、〆切だったわけです。
一昨日から昨日にかけて、食事とトイレ以外、ほぼ20時間以上、書き通しだった気がする。最後の方はクラクラしてきて、送信後に見直してみると、1ブロック全部センテンスの構造が同じぢゃないか!…ってかなりショックというか反省です。かといって書き直す体力も残っていないわけで。

「ダメじゃん、近頃の私」ってね。

若い頃は、多少なりとも「うまく」書いてやろうと思っていたこともあったし、「うまい、速い」がキャッチフレーズだったこともあるんですよ。
ま、今だって速いのかもしれないけれど、なにしろスタートが遅いもんでね。毎度「8月31日の小学生」状態なわけです。で、「ああ、もう少し早くスタートしていれば…ちゃんと睡眠をとって頭がはっきりしていれば…もう少しじっくりと書けたかもしれないのに」って悔やむのも毎度のこと。
「うまく書こう」なんて、これっぽっちも考える余裕ないし…ってか、そんな気持ちすら忘れて久しいし。

なぁんて、5分ほどウジウジ考えてたのが昨夕のこと。

すぐに、もうひとりの私が諭すわけです。
私程度が「うまく書こう」なんて考えたところで、変に力が入ってクサくなるだけでしょ…ってね。
で、速攻で立ち直るというか開き直るわけです。
おまけに間もなく初校のPDF(つまり写真とともにレイアウトされた状態)が送られてきて読んでみると、「なぁんだ、普通に読めるじゃん」ってね。

これも写真の力ですね。それとデザインの。
Tさん、デザイナーのOさん、いつもありがとう。それとNくん、いつも待たせてごめんね。

あれ? なんか全然違うことを書こうとしてたような気がするんだけど…?
まっいいか。


ところで先日JRTCJの会報が送られてきまして(ダリ企画の宣伝、掲載ありがとうございます!)、いよいよ来月末、2年に一度の大イベント、トライアル大会が開催されるとのお知らせが…!
5月末ってたぶん、おそらく、いや明らかに、確実に、相当忙しいはずなんだけど、エントリーしないわけにはいきますまい。ぬふふ…。
ダリよ、今年こそラッセルレース完走を目指すぞよ!!
それから、ここ数週間〜数カ月、メールのお返事やお礼メールなどが大幅に遅れてます。ごめんなさい。怒らないでね。
先週のロケでダリと訪れた場所のひとつ。べつに秘密めかすわけじゃないんですが、いちおう発売前なもんで。
時期が来たら(で、忘れなかったら)いろいろアップしたいと思ってます。
Fri.22.04.05 青山一丁目!

本日は打ち合わせでAさんの新オフィスへ。場所は青山一丁目のHondaビル裏。いや、今回はHondaさんとは関係のない別件のお仕事なんですが、とにかくこの周辺は、東京でオフィスを構えるのに最もカッコイイ場所だと思いますね、私は。
ワンルームとはいえ個人オフィスで、コピーライターで(現実はなかなかキビシーんすよ)、この場所にオフィスを構えるのは立派です。前は乃木坂だったし、Aさん、えらいなぁ〜と、西荻村から出て来た私はただただ感銘…というか、なんとなくウキウキしちゃうんです。
だって、自分でオフィスを構えるのはとんでもなく大変だけど、知り合いがいると、このカッチョイイ場所に自分もうっすらと関係してる気分でしょ? 労せずして…というかタダで。うしし。

が、正直いえば、わたくし、東京ではわざわざホームタウンの西荻以外の場所に住居も職場も構える気はさらさらないんです。めんどくさいし。第一、必然性ないし。そもそもあんまりカッチョイイ場所って私の生活感には合わない気がするんですな。たぶんこれこそが中央線の呪い、それもいまだヒッピー文化濃厚な西荻ネイティブのカルマなのかもしれませぬ。

ま、ロンドンならノッティングヒルかサウスケンジントンあたりに決まりだけどね(思いっきりスノッブじゃん…ってか無理)。あ、ついでにパリならリブゴーシュのサンジェルマン・デプレあたりかしらね、ヲホホ(ウソ…ってかよく知らない)。

白いデスクに真っ赤なチェアがおしゃれなAさんのオフィス。ちゃんと打ち合わせスペースもアリ(私の部屋はカニ歩き必須)。この差はいったい…。
よく晴れた日はオフィスの窓から富士山も拝めるとか。富士山ヴューはもしかしてサクセスの証なのかしらん?
Thu.21.04.05 胃と頭

どちらも私の弱点なんですが、今日は併発してしまいました。
午前中は胃。ロケ最終日に痛み出し一度はお得意のもずくで治したものの、今朝からまた不調…。で、昼過ぎにTさんの事務所へ打ち合わせに向かう途中、スーパーでもずく酢を購入。事務所に着くやいなやもずく酢2パックを一気にズルズル〜と服用した次第です。いつもながら無気味なふるまい、失礼いたしました→Tさん。

もずくのおかげで胃の方は立ち直ったものの、作業中、やはり朝から予兆があった頭痛が本格化。いやもう参りました。完全に参った魚です。役立たずな上にご心配かけてすみませんでした→Tさん、Nくん。


ところで昨日のゲスト、ジャックくんの続報をいただきました。なんと本日は仏壇の柏餅とおはぎをハントなさったそうです。
飼い主のSABOURIさんいわく「多分仏壇の中にいる人も半切れ状態かも・・・とはいえ、いちばん苦労するのはジャックそのもの。理由は、あんこがひげ一面にこびりついてしまいそれを取り除くのに1時間15分ブラシとの格闘・・・笑、犬は涙。それでもジャックはこりた様子もなくまたやるでしょう」とのことです。
ダリを上回る活躍ぶりはあっぱれというほかありません。さすがドイツが誇るテリア族。お仏壇もMシュナにとっては獲物の潜む猟野なわけですな。ぷぷぷ…。
Wed.20.04.05 ダリと旅

帰宅したのは昨夜12時過ぎ。
Tさんも編集のNくんもダリも私も、全員ヘロヘロに疲れました。
どこへ行って何をしたかは『愛犬の友』6月号が出るまでのお楽しみです(…ってまだ原稿書いてないし_| ̄|○)。

しかし、ダリ的にはかなりスゴイ体験をしたと思いますよ。
Tさんは写真を撮りまくり、Nくんは運転に取材先との交渉にとフル回転。ダリもダリなりにがんばりました。で、私は何をしていたかというと…あれ? ま、ダリのお世話係ってところでしょうか。
犬連れで旅行をされるみなさん、くれぐれもスケジュールには余裕を持って、のんびりされることをお薦めします。


さてさて、話は変わって、今夜はゲストさんの登場です!
SABOURIさん家のご令息、ミニチュア・シュナウツァーのジャックくんが遊びに来てくれました! ダンディなおヒゲにムクムクの手足がラブリーなジャックくん。この訴えかけるようなつぶらな瞳に見つめられたら何でも差し上げてしまいそうですが…、なんと彼の好物は…?
今夜のゲスト★ジャックくん
プロフィール:Mシュナウツァー・♂・1歳
ご紹介者:SABOURIさん
SABOURIさんによると-----
ジャックの特徴は わがまま犬で雨の日のレインコートを着ると玄関で座り込み…というより黒いダスキン状態になるという変な犬。餌以外のものなら何でも食べるこのジャックは食パンと名古屋の美濃忠の上がり羊羹が大好物なんです。普段はケージの中で寝るのですが、ある日突然ベッドに乗りそれからはベッドに篭城し始めました・・・・汗
最近は、仏壇に上がってるご飯を食べることを趣味としているジャックなのです。ついでにジャックの父であるマイケロの写真も添付しておきます。 
-----味、着心地、そして眠り…妥協無きクオリティ・オブ・ドッグライフを追求するその姿勢にダリも感銘を受けたもようです。
上の写真は1歳のお誕生日のもの。ケーキもジャックくん用だって!

ベッドに篭城中!

「レインコートきら〜い!」と、
ダスキンモップに変身中!

我が道を行く息子を案じて(?)特別出演のパパ、マイケロくん。
Fri.15.04.05 ココハドコ?

突然ですがじつは今、東京から遠く離れた某所に来ています。
海外(?)ですが日本です。
ダリも一緒です。
でも仕事です。
宿泊先のホテルには、各部屋、ネット環境が整っているのでこうして日記の更新などもできちゃう。
すごいですね〜。
ホタテiBookとデジカメも持って来たんですが、いまだOS8.6なのでドライバソフトが入れられず写真はアップできません。
_| ̄|○
とってもイイところで、すんばらしいお部屋なのですが、お仕事なので3人プラス1匹プラス大量の荷物!!

原稿を1本ようやく仕上げての出発だったため、かな〜り疲れますた。

明日が楽しみです。

Mon.11.04.05 花見散歩

またまた一週間も開いてしまいました。どうもいけません。

この一週間、何をしていたかというと……あ? なんだろ?
それなりに仕事はしていたはずなんだけど(でなければ今頃電話の嵐)。

じつは私、生まれてこの方、退屈というものをしたことがないんです。
他人様からは何にもしていないように見えるときでもワタシ的には忙しかったりするわけで。
何に忙しいのかというと、他でもない「ボーッとすること」に忙しいんですな。
何じゃそれ?

でも、この体質(か?)は、私特有のものではないらしい。何を隠そう、私から見るときわめてイラチなTさんも、じつは退屈知らずの人らしいんですよ。小学校時代、ある夏休みの最後の日に「夏休み中、ま〜ったく何にもしなかったことに気づいたんだ」という経験をお持ちだそうで。

どうなんでしょうね。
我々は1万人に1人くらいの特異体質人間がたまたま出くわしただけなのか、それとも意外に似たような人は多いのか。

ところであなたは退屈したことありますか?


それはさておき、この一週間、東京地方は桜のまっ盛り。
せっかくなのでダリの散歩がてら、近所の桜めぐりをしてました。
満開の桜を愛でる愉しみを愛犬と分かち合おうなどという甘い考えは、15年以上前にキッパリ捨て去った私ですけれどね。ま、年に一度のことですから、むりやりダリ&桜の2ショットを試みました。
桜とダリのギリギリな2ショット。背後の低い塀の向こうは大きな日本家屋。違いのわかるオトコ(若い人には解らんかな)、石川達三氏の旧宅だと聞いてます。表札が「石川」なのでウソじゃあないと思う。
旧石川達三邸の桜はじつにみごと。毎年楽しませていただいとります。もちろんダリは興味なーし! 「ほ〜らダリ、見てごらん。キレイだよ〜」などという無意味な発言も、私は断じていたしません。
Tue.05.04.05 春ですね

更新サボってる間に、すっかり春です。
とりあえずこのページの背景を桜色にしてみたり、リンクページを更新したり。
毎度口先ばかりですが、ちょっとした新企画も考え中です。
考えてるだけだけど_| ̄|○


ところで、本日はひさびさにゲストさんの登場です!
ようこそジャック・ラッセルのロッタちゃん! ガルルッとうなりたくなる可愛らしさですが、その実態は…ぷぷぷのぷ。なにはともあれ、ご覧ください↓
今夜のゲスト★ロッタちゃん
プロフィール:JRT・♀・2歳
ご紹介者:SUESUEさん
SUESUEさんの大好きな映画『ロッタちゃんと赤い自転車』に出てくる、超わがまま娘「ロッタちゃん」から命名。今月で2歳になるというロッタちゃんは「だいぶ落ち着いてくれました」とのことですが、子犬時代は「ご想像の通り」だとか(笑)。
上の写真は「毎日、このポーズでヒーターの前に座っています。ジャック・ラッセルって、みんなこんな腰抜けたような座り方するんですか??? ちょっと腰の病気じゃないかと思った事あるんですけど…」ですって!
い〜え、病気じゃないと思いますよ。ダリも同様でございますから。やはり犬にあるまじき格好でヒーターに貼り付いております。
『ロッタちゃんとセコムのお兄さん』の巻
SUESUEさんによると---
「我が家は、お昼をあける事がたまにあり、そういう日はロッタを家の中のサークルに入れ、SECOMをして行きます。ロッタちゃんは、暴れるあまり二回もサークルから脱走し、SECOMを呼んでしまいました。
SECOMから電話があり、『あの…犬が…つかまえられません……』
母親は、『えっと…近くのかごに“ほねっこ”っていうのがあるので、それをあげながら、サークルを閉めて下さい…』
今ではあれからもう二年もたち、すっかりお留守番も出来るようになりました」
---とさ! やるね〜、ロッタちゃん!(ダリ談)
>To Page Top ページトップへ戻る