Thu.30.09.04 インド料理

9月最後の日ですね。

チョロチョロ小出ししてきた地方取材のスナップですが、それも今日で最後にします。
ええ、そうです。またもや食べ物です。しか〜も、インド料理です。
3人のうちいちばん計画性がある(ってかNくんと私がなさすぎか)Tさんが、ぬかりなくホテルのフロントに置いてあった周辺案内地図でチェックしていたお店です。
さっそく取材初日の夜、早くもカレー色に染まった脳とペコペコ腹をかかえて出かけたわけです。
ところが、しかるべき場所に近づいてもそれらしき看板も見えないし、匂いもしてこない。でもでも、どう見てもココのはず。地図と周囲を何度も見比べて、絶対あるはずの場所にたどりつくと…店があるにはあったんですが…。

「移転しました」

の貼り紙。カレー色のアタマは真っ白…。
しかーし、落胆するのはまだ早い! 落ち着いてよく見ると、移転先はすぐ向かい!
「なぁんだもぉー、驚かせやがってぇ」とあらためてカレー色に染まり直しながら意気揚々と道路を横断。
新店舗は、さっきの場所よりだいぶん広々としてウェルカムな雰囲気じゃあありませんか!
が、が、そこには再び貼り紙が。

「9月17日新装開店」

17日って…。今日は9月16日じゃん……。

すきっ腹に2度ガッカリは相当応えましたね。
もう半分ヤケクソで案内図にあったイタリア料理店(なかなか美味でした)へ向かったのでした。

で、2日目。
もちろん出かけましたよ。
1ブロックも手前から、そこは明るく輝いて、間違いなく開店しているのが見えました。
またもやアタマの中は思いっきりカレー色。口の中もカレー投入の準備万端です。
うんうん、よしよし、今夜こそはカレーだぁっ!!
お店の前にも人がチラチラ。開店日だけあって、にぎわってるねぇ。
…って、あれ? 人があふれてる? 満席? いや貸し切りパーティー?
それでも3人くらいは入れるだろうと、ドアを開けて入ると、
インドちっくないでたちのお店のお姉さんが迎えてくれました。
で、言うわけです。

「すみません。今夜は知り合いだけオープニングパーティーなんです。
明日から営業しますので、どうぞよろしく」

お客があふれ出している入り口前に呆然と立ち尽くす私たち。
が、さすが(?)Tさん、反応も早かった。

「えぇ〜、だってボクたち、明日は帰っちゃうもん。昨日も食べに来て、今日開店だって書いてあったから今日こそ食べられると思ったのにー」あ〜ぁ、がっかりだなぁ〜っと。

こういうの、得意なんですよね、Tさん。いや、わざとじゃなくて天然でこういうキャラなんですが。
するとお姉さん、「ちょっと聞いてきますね」と店内へ。
で、再び現われて「シェフが、どうぞと言ってます」と。

そうです。友人知人のパーティーに飛び入り参加させてもらっちゃったんです。
しかーも、タダで!

バイキングの立食でしたが、なにしろタダですから。
で、我々は目立たぬように気を使いつつも、バクバクといただきました。
地元の学生さんたちの怒鳴るような歌のパフォーマンスに、あたかも注目しているようなふりをしつつ、3回ほどおかわりをして、お姉さんにお礼を言って、そそくさと店を出ました。

しかし、美味しかった!
いや、タダだからではなく、ホントに。ハイレベルなお味でしたよ。
インド料理レストランJOY GURU。
近々、住所などご紹介しますね!


4種類のカレーとナン、ライス、サラダ、フルーツが取り放題。辛すぎず、重くなく、しかも味わい豊か。いつの日かまた行きた〜い! 今度はちゃんとお支払いしますからね!

爆食の跡。

『ジョイ・グル』。お薦めです! 詳細は後日。
 Wed.29.09.04 台風ですね

1週間のご無沙汰です。
まだまだ仕事はありますが、ここ2日ほどは勝手に一息入れちゃいます。

今日はまた台風ですね。
深夜、ビュービューと歌うような風の音を聞いていると、妙に心がざわついて、舞い狂う枯れ葉のようにほんの一瞬、断片的な記憶が脳裏をこすって行くことがあります。
いつかどこかで感じたことのある何か。記憶というより一瞬の既知感。
遠い過去、子供時代のことか、旅先でのことか。夢の中でのことかもしれないし、小説の中のことかもしれない。
そんなつかみ所のない感覚の中で、ひとつだけはっきりそれわかるものもあります。
それはたぶん英国で体験したことだろうと。何度かの旅のうち、いつ、どこで体験した感覚なのかは特定できませんが、なにしろ田舎…とりわけスコットランドの田舎では強風にはことかきませんから。

なんて、つらつらと考えていたら、うわっ、稲光り!

東京のまんなかで、こうして私は気楽な文章を書き流していますが、今回も土砂崩れの被害に遭われて亡くなった人がいるんですよね。
この世でいちばん安心していられるはずのわが家に、突然土砂が押し寄せて、逃げる間もなく生き埋めにされてしまうなんて、どんなに恐ろしいでしょう。
自分自身がそんな目に遭いたくないというのはもちろんですが、そうやって突然家族(もちろんダリを含めて)を奪われることはもっと恐いです。

この春あたりから、私にもジワジワと仕事が増えてきて、「まるっきり営業活動をしていない私にすら、こうして仕事が回ってくるってことは、こりゃあちょっぴり景気が良くなったってこと?」なんて今日もTさんに話していたのですが、景気が良くなるということは、経済活動が盛んになるということで。みんながどんどんいろんなものを生産して、消費するってことで、それはたぶんますます地球が温暖化したり、自然破壊が進むことでもあるわけで…。ってことは、異常気象にも拍車がかかるんじゃないかと思うんですよね。こんな風に、殺人的な暑さが終わったかと思ったら、今度はやたらと台風がやってきたり。

ブランド品なんかいらないから、もうちょっとバランスのとれた暮らし方ってないものかと思います。
石油利権が見えかくれするあの戦争だって、正統性以前に、そもそも、もうこれ以上石油を燃やすのはヤバいんじゃないかと思うんですよ。
戦争にかけたお金を、低価格の太陽光発電機開発とかに注いだ方が良かったんじゃないかとね。

なんだか、今夜は妙な方向へ話が飛んじゃいました。
これも台風のせいかな?

今夜の写真も、先々週の取材旅行でのスナップ。またもや飲食ネタでございます。

私は無類の紅茶飲み。一日に軽く5〜6杯はミルクティーを飲みます。英国旅行が好きなのも、それが理由のひとつ。だから国内の出張や取材でも、まず初日にホテル近くのコンビニでティーバッグと牛乳、水を調達。部屋に備え付けのカップがなければ、フロントに頼んで借りることもあります。このカップも、ホテルから借りたもの。たぶん前回の雑記で載せた朝食の、洋食バージョンで使うものでしょう。ちょうど放映中だったコナン・ドイルドラマがうってつけの背景でしょ?
取材先はお蕎麦が有名な地方だったんですが、確かにとっても美味しゅうございましたよ! 何の予備知識もなしに、たまたまお昼時に通りかかった店に入っただけなのに、大当たりの大満足! 突き出し(って言うのかな?)に出てきた梅干しも美味ですた。な〜んて思い出したら、お腹がすいてきたぞ。
 Thu.23.09.04 黄桃

ここ数日、天気予報を見ると「全国的に曇りがちで気温も低めでしょう(東京以外)」てなことを言っていて、もう東京だけ永遠に秋なんてものは来ないのだと、あきらめた方が楽になれると、そう思うくらいウンザリてたんですが、今日はやっと涼しくなりました。

仕事が詰まっているためこのページの更新も遅れがちです。来週まであまり時間がとれそうもありません。
(とかいって昼寝なんかもしているんですが、とにかく仕事以外の「何か」をするとアタマが仕事に戻れなくなるもんで、仕事するか休むかのどちらかしかする気が起きないんですね)。

というわけで、今日はこれだけ。

あ、タイトルの黄桃は、さっき食後に食べたんですが、ダリの大好物でもあって、ちょっと分けてやると、ものすごい興奮ぶりなんです。今日もトロピカルフルーツのようにトロリとした黄色い桃をたっぷりせしめた後は、新聞の折り込みチラシをどこからか引っぱり出してきて、振り回しておりました。ダリ流の喜びの表現でしょうかね。


先週の出張で泊まったビジネスホテルは、朝ゴハン付き。言ってみればB&Bですね。和食・洋食・おかゆの3種類のうち、私はおかゆを選択。しっかり平らげておいて言うのもなんですが、イマイチでした。Tさんが京都ロケで泊まる某ホテルの朝粥は、だんぜん美味しいそうです。ここはだいぶ東だしね。
向いの部屋(ビジネスホテルの)の編集Nくん。「大統領執務室みたい」と意味不明な理由でTさんが「撮れば?」と薦めてくれたショットです。あれですか。Tさん、前の晩、NHK衛星第2の海外ドラマでも見ましたか?
 Mon.20.09.04 帰ってきました

おととい地方取材から帰ってきました。このページの更新とか仕事とか、いろいろやろうと思っていたのに、持病の頭痛が出て昨日は機能停止。

行き先については、いちおう発売までは伏せておきます(他誌がマネするとも思えないけれど)。
しかし、東京を離れると空気がいいですね。静かだし。

取材のメンバーは、おなじみTさんとS社のNくん、そして私の3人。3人ともお酒を飲まないので、私たちの出張は、いつも仕事して食べて打ち合わせして寝て…というまことにマジメなものです。
今回はとくに時間がなかったので、散策もなし。
でも、いろんな人にお会いして、興味深い話を聞けましたよ。

ところで、帰ってみたらブッシズム研究家の村井さんから、特ダネ写真が届いておりました。
さっそく今夜のゲストとしてお招きしましょう。
『ブッシュ妄言録』の著者である村井さんは、アメリカ大統領選に向けて、ブログを立ち上げ、さらなるブッシズムを毎日すごい勢いで更新していらっしゃいます(カラダに気をつけてくださいね〜)。丹念に集められたひとつひとつの妄言が、ブッシュのアホさ加減を浮き彫りにしてゆくようで、笑いながらも恐くなる…お薦めサイトです!


今夜のゲスト
★アライグマさん
京都にお住まいのフガMさんより「家の前にアライグマがいました! それも三匹の親子アライグマですた!!」との通報をいただきました。
「かわいかったんですが、同時に凶暴そうでもありました。野生ですもんね。でも独特な雰囲気がありましたよ」とのことです。
その後、側溝を伝い3匹で旅に出たそうですが、どうか親子ともども元気でね!

取材は、駅前でレンタカーを借りてGO! 帰りは私もチョビッと運転しますた。

ロケ場所を探して山間の小さな村へ。ちょうどコスモスの季節。柿も色づいてました。
 Wed.15.09.04 ロケです〜

明日から3日間、地方ロケに出かけます
現在夜8時20分ですが、例によってまだ何にも用意してないし。

それにしてもにわかに忙しくなってきました。
今かかえている以外に仕事が2つ入りそうです。

この不景気の時代、仕事を断るなんてバチがあたりそうだし(その割には「あの日はダメ、この日は無理」とかワガママ言ってますが)、スケジュール調整のカンが鈍ってます。
心配だなぁ。

そして昨日からMOの読み書きがおかしくなっているこのiBook、ロケに連れて行くべきかどうか迷ってます。
これが新型iBookだったら迷わず連れて行くんだけどね。
ホタテくん、カワイイけどデカいんだもん。

しかし、本日の東京はとっても爽やかでしたね。
船堀での打ち合わせ中、とっても中途半端に時間が開いてしまったので、私たちスタッフ3人で、駅前にある江戸川区民ホールの展望台に上ってみました。なにしろタダなんですよ。「あ、あれサンシャインじゃないの?」「ほらほら、ディズニーランドが見えますよ!」とか、いいオトナ3人で、すっかりはしゃいでおりました。
私、忙しい時に、拘束された上に中途半端に時間が開くと、密かに機嫌が悪くなるんですが、今日はプチ満足。

ではでは、しばしのおいとまです。

 Tue.14.09.04 早くもお疲れ

まだまだこれから忙しくなるっちゅーのに、早くも疲れちゃいました。乗り切れるかなぁ…。

ダリとも遊べなくって、ゴメンね。本日は写真もなしです。

あ、とりあえず告知だけ。
私の祖父である画家、山喜多次郎太展が愛知県一の宮市博物館で開催されます。
詳しい日程などは後日。

 Sun.12.09.04 静かな日曜日

日曜日の住宅街は静かです。ダリも心なしかおとなしめに過ごします。
昨日の疲れもあるのかな。
客人に飛びつかないよう、ほとんどハウスに入れられていたんだけど、それなりに興奮したからね。

明日から1週間はあまり部屋にいられなくなります。今月いっぱい〜来月まで忙しくなりそう。
いや、仕事があるのはいいことだけど…ちょっとため息。

涼しくなったらダリを連れて少し遠出しようと思っていたのにね。
なんとか時間を作らなくちゃ。


今夜、この時間のネットラジオRCN9412はビートルズ特集。
お、Maxwellだ。She Came in through Bathroom WindowにGolden Slumbers、でCarry That Wayと(これ、切ないよね)。アビーロード特集ね。
「ここしばらく毎週日曜日のブランチタイムはビートルズとお過ごしください」ってさ(私のヒアリングが合ってれば)。
そうか、アメリカ(のどこ?)では今お昼時なんだね。なるほどいかにも地球は丸いと。

ミロは何度かテレビの裏を探って「ホントに誰かがいるわけじゃない」ことを確かめた後は、いっさい興味を持たなかったけれど、ダリはいつまでもテレビっ子だ。今日もXゲーム・ローラーブレイドを熱心に鑑賞。ヤストコ兄弟に激を飛ばそうとしてる…?
 Sat.11.09.04 同時多発TERR××Rから3年

デジカメを買ってから妙に勢いづいて更新していたので、ちょっと息切れ。

今日は911の同時多発テロから3年目。ということは、明日でわが家にダリが来てから3年目。3年前のあの日はすなわち同時多発TERRIER前夜でもあるわけです、わが家の場合。

ちょうど911当日は、Tさんと共に5年ぶりのシェットランド再訪を兼ねた英国取材から帰国。台風で飛行機が遅れたことを覚えています。クタクタに疲れて帰りついたその夜、ニューヨークではあの悲劇が…。

そして翌912、わが家にはパピー爆弾が投下されたわけです。やってきたのはダリ1匹でしたが、驚きと喜びと困惑を同時多発してくれましたからね。オシッコして噛みついてあらゆるものを食いちぎって…。

3年後の今日、まったりと私のひざでくつろいでいた彼はすっかり落ち着いて、まるで別の犬のようです。まさかこんな日が来るとはねぇ。

そういえば、ほぼ日(糸井重里さん主催のサイト“ほぼ日刊イトイ新聞”)」の『Say Hello!』終わってしまいましたね(終わっちゃったのでリンクは貼りません)。
ジャック・ラッセルのルーシーが3匹の子犬のママになり、子犬姉妹たちが巣立ってゆくまでを追った写真日記でした。巣立ちが近づくにつれてどんどん見るのが切なくなって、昨日の最終回はMacの前でポロポロ泣いちゃいましたよ。

ダリもあんな風に、ママに育ててもらったんだね。


ところで本日は、母方のイトコ夫妻が来訪。両親と5人で寿司を食べに行きました(父のおごり。ゴチですパパ)。西荻駅南口『磯はん』、すんごくうまいです。私の知る限り、西荻随一の高級寿司かも。カウンターの向こうにいたピンク色のドレッドヘアがまぶしいアフリカ系ヨーロッパ人とおぼしき青年も、喜んでいたようです。
店内は明るく清潔感いっぱいで、板さんの対応も親切。なるほど海外からの客人をつれて行きたくなるかも。
東京都杉並区西荻南3−15−1 一人前2000円〜。本日は酒なしで3000円弱でした。高級寿司でこの値段は安いと思う。

私の仕事部屋に来ると、必ずこうして外をのぞくダリ。はるか関西に住むママを思う…のではなく、吠えるネタを探してるんだと思う。たぶん。
 Thu.09.09.04 ゲストペットさん募集!

夕べ、大阪在住の黒猫・静ちゃんにゲスト出演してもらって、とつぜんヒラメキました!

ゲストさんを募集しようではないかと!!

デジカメを買ったのはうれしいけど、いくらなんでもこのページ、毎回ダリの写真ばかりでは濃すぎるんじゃないか? 見てくださっている奇特な方が胸焼けをもよおすのではないか? 
ならばお客様に来てもらったらいいんじゃないか?
…と、まぁ、単純にそう思いついたわけです。
なんといっても、すごく新鮮な気分だったんですよ、静ちゃんの写真をアップさせてもらって。

いずれ、ゲストさんの独立したページを設けたいとも思うんですが、まずはこの雑記ページに、
「今夜のゲスト」として登場してくれるペットさんの写真を募集します。
犬・猫はもちろん、ウサギでも鳥でもウエルカムですよ。ダリのサイバーなお友だちになってね!!

[今夜のゲスト]募集
●宛先 office@miropress.net
●写真データ(JPEG/重すぎるのはカンベンです*1Mくらいまで。大きくても掲載時は小さくなっちゃいます)を添付の上、下記の要項をメールにてお送りくださいませ!
◎ペットのお名前
◎飼い主さんのハンドルネーム
◎ペットの簡単なプロフィール(チャームポイントとか、性格とか、近況とか、特技とかも…!)


今夜のiTunesは、RCN9412でキメとります。
「あれ? 今なんでUちゃん(10数年ご無沙汰の学生時代の後輩)のこと考えてるんだろう私」…って思ったら、あ〜らお久しぶり、ツェッペリンのオール・オブ・マイ・ラブじゃあありませんか。
Uちゃん、ロバート…う〜名字忘れて検索…プラントの大ファンだったもんね。20代半ばまで住んでいたこの部屋で、ツェッペリンなんか聴いた日には、タイムスリップしまくりです。
あの頃から私自身の内実はたいした進歩もしてない気がするけれど、少なくとも今この瞬間に私がしていること…ネットラジオでツェッペリン聴きながら、サイトの更新してる…なんて当時は想像もつかなかったわけで。
時は確実に流れているんですね。恐ろしい早さで。
あ、この妙に耳慣れた曲はユーライア・ヒープのイージーリビングっていうのかぁ(タイトル知らんかった)。クイーン、かからないかなぁ。
私の仕事部屋にて。スキあらば、すぐにこの仕事部屋と寝室(妹と共用)があるに2階に上がってきてしまうダリ。上がってきて大喜びで跳ね回ったかと思うと、「とくに面白いことはないや」と判断するのか、すぐに今度は「降りるぅ〜」と。ジャックのくせに自分では降りられないのでいちいち抱いて降りるハメになる。
ダリの手元にあるのは、亡くなった叔母さんの形見として私がもらった(誰もサイズが合わなかった)室内履きのボンボン。ダリが食いちぎるのは時間の問題だとあきらめて、最初に本体から外しておいたもの。ムートン製だけあって、食い付き(?)バツグンです。
 Wed.08.09.04 地震と台風

最近、ダリはすっかり恐がりになってしまった。母に言わせると「用心深くなったのよ」ってことだけど。
昨夜も台風18号の影響で吹き荒れる強風の中、散歩に連れ出したら、どことなく落ち着かない。子犬の頃から夜の散歩はあまり好きじゃないようで、ダリ的にはいつも「勢いで」出かけてる感じだけれど、とりわけゆうべは、猛スピードで飛ばされてゆく枯れ葉やゴミを反射的に追い掛けつつも、どこかビビッてるんだな。帰りの足どりが行きの3倍くらい急ぎ足なのがその証拠。
ダリは雷にも反応するタイプで、ゴロゴロ鳴るとハウスに自主避難してワォォォォと警戒警報を発令したりするし。雨もキライだし。

それにつけても、先代のミロとは対照的。なにしろミロは、家族以外の人間には(晩年はTさんや叔父には慣れたけど)まるっきりそっけなかった反面、自然現象に対してはいたってタフだったのだ。リードの先のミロの姿が見えないくらい激しい豪雨の中でも、平然と歩いてたっけ。水たまりにもわざとかと思うくらい大胆に突入していたし。

そりゃあ、いちばん気候のいい夏でさえ毎日ふつうに強風で、日に何度かは横なぐりの雨が吹きつけるシェトランド島で暮らしてきた犬種だから、雨風を嫌っていたら生きていけないんだろうけれど…。犬ってほんとうに個性豊か。1匹ずつみんな世界にひとつのキャラクターだよね。


おとといから今朝がたにかけての地震で、関西方面の動物たちはひどく恐い思いをしたんですよね(今夜のゲスト、黒猫の静ちゃんもその1匹)。胸がいたむと同時に、身につまされました。ペット連れ避難について考えなくちゃ。日頃なんの備えもしていないくせに、付け焼き刃ではあるけれど。考えるだけでなんの行動もしていないけれど。キャリーバッグ収容の復習くらいはしておこう。命にかかわることなんだから、キミも協力しなくちゃいけないよ、ダリ。
デジカメの写真をG4に取り込んでいる時、ふと気がむいて、iTunesのアイコンをクリックしてみた。じつはインターネットラジオを聴くのは初めて(最近までダイヤルアップのISDNだったし)。で、ものすごく久しぶりに…たぶん高校以来…ラジオの音楽をBGMにこれを書いてます。すごいね、イランとかメキシコのラジオも聴けちゃうんだね。

デビッド・ボウイ様とかクイーンが聴きたくて探してみたけど、流してる局は見つけられませんでした。別に聴きたけりゃCDかければいいんだけど、ラジオで聴くのはまたひと味違うんですよね。「この瞬間に世界のどこかで同じ曲を一緒に楽しんでいる人がいる」って…そんなネットワーク感がイイんだな。

で、Cable Radio UKを聴いてます。自分のヒアリングの進歩の無さに肩を落としつつ…。


ダリの座り方はいつもこんな風。べつに「オスワリ」と言われたからではなく、これが普段のくつろぎポーズなのだ。ジャックは体が柔らかいんだね。お昼寝モードに入るとこのままソファの背にもたれてウトウト。
今夜のゲスト
★黒猫の静(しず)ちゃん
今回の地震でチョー恐い思いをした関西在住の静ちゃん。揺れている間は飼い主さんに抱っこしてもらったけど、こわくて肉球に汗をかいていたんだって。ペットたちにも災害への備えは必要だね。
家族の食事中、テーブルの下がダリの定位置。フキンを強奪した時も、人間が簡単には踏み込めないこのエリアが「獲物解体」の絶好ポイントになる。
 Mon.06.09.04 無礼者!

金曜夜から今日まで妹が帰って来ていました。
某大企業で働く彼女は、めちゃ忙しかったらしくお盆にも帰れず、今回は数カ月ぶりの帰省(都内在住ですが)。
彼女のおごりで久々に一家で(ダリは留守番)外食もしたりして、おまけに私はおみやげももらったりして、頼もしいぞ、妹よ!(ってか、姉がダメダメなんだけど…)。
家族4人でのんびり過ごした週末。ダリも新鮮な遊び相手に大喜びでした。

ところで…
先ほどダリの散歩から帰った父が言うには、道すがら出会う犬連れの人に「こんばんは」と挨拶しても、無視する輩が多いんだとか。「アタマにきたんで、『聞こえてますか?』って言ってやったんだ」とな。
道行く人の無礼にいちいち腹を立てる父も父だけど…。
母も私も、ヤ〜な感じで無視されることがけっこうあるし(新来者の公園デビューを冷ややかに無視するいじわるママ連中みたいなのもいる〜っ)。

杉並方面の犬好きさん(ほんとに好きなのかな?)、飼い主同士、挨拶されたら、会釈くらいはしてもいいんじゃないですかね?
いや、飼い主同士以前に、人間としてのマナーの問題と思いますが違いますか? えぇ?

それともうちの一家、どこかヘンですか? 怪しいですか?
はたまたジャック・ラッセル連れには関わりたくないとでも…?

…って、私、地元のウルサ型おばさんになりかけてる気がする。


テーブルの下でおやつのキュウリを待つダリ。ビー玉みたいな目でプレッシャーをかけてくる。キユウリに限らずうっかり落とした物は、すぐダリの口に消えるので油断ならないのだが、最近では多少選り好みするようになった(父の薬やゴミはスルーするとか)。ちなみに右の小汚いデニムは私の脚。

ダリをひざにのせた状態で撮ろうとしたところ、ピント合わせ(オートなのに…!)に手間取るうちに、ブチ切れて…ギャキーッ! これでも落ち着いた後に撮ったもの。

妹の東京おみやげ。うちも東京だけど、それにアマゾンで買ったそうだけど。「Touch and Feel Puppy」のタイトル通り、子犬の写真にはめこまれたいろいろなテクスチャーを触って感触を楽しめる子供用の本。オトナもなごめます。とくに表紙のゴールデンの手触りは、激リアル!
 Sun.05.09.04 秋です

涼しくなりましたね〜。まだ油断できないけど。

ところでデジカメ買いました。うれしくってあれこれ撮ってみました。でもPCに取り込むのがちょっとめんどくさいですね。ダリも撮りました。掲載は明日…かな?

生まれてはじめて買ったデジカメ、自慢したいんですが、自分(デジカメくん)の姿は捕れないんですよね(当たり前か)。
これです。中田選手がCMに出ていたやつ。安さと小ささに惚れました。


旧Power MacとG4の2ショット。繋いだけれど、まだファイル転送は未確認。仲良くしてね。

地獄のようにケーブルが絡み合う背面。

モデム、HUBまわりもケーブル地獄。

右が新しいSONYの液晶ディスプレイ。タワー本体を2台繋いで、スイッチして使える! 写っているのが私が買ったCANON IXY。しかし、キーボードが3つもあるので混乱ぎみです。G4の画面を見ながら8100のキーボードを打ったりして…。

ずっと前、三越で衝動買いしたハロッズの携帯ストラップが壊れてしまい、白黒テリアのうちウェスティが取れてしまった。かわいそうなので記念撮影。
>To Page Top ページトップへ戻る